fc2ブログ

kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

4444とXSR

いよいよ3月、年度の終わり(笑)です。





ところで年の初めに目標を!とか言われたり

しますが、昔から年の初めの種類が多い気が

してたんですよね( ̄▽ ̄;)。





まずは元旦。これはまさに年の初めなのですが

書初めとか一年の計は元旦にありとか言われ

ここで目標立てる人が多いのかな??次に

冒頭で書いた年度。新入生や新社会人が新たな

環境に飛び出していく時期。会社や学校所属の

人はこちらの方が環境が変わり、心機一転な

気分の方が多いのかもしれませんね。これも

欧米に合わせて9月を年度初めにするという

動きがあるみたいですがどうなるのか。





社会人の方はこれに加えて決算年度での

新年度もありますよね。営業職の方などは

ここで年間成績が出て、リセットされての

再スタートになるので、こちらの方が重要な

要素になるかも。売り上げが好調な年度が

終わってグラフが真っ白になり、寂しかった

想い出があったり(;^ω^)。





他にも誕生日だったり節分だったり、色々

節目がある気がするのですが、これって

日本人だけなのかな?





いらない話が長くなりましたが、今日は

久しぶりにグロムの話。先々週辺りに

暖かくなったので久しぶりにグロムに

乗ってみようと思い立ち、エンジンを

掛けたらセルがほとんど回らない・・・

バッテリーが完全に上がる寸前です。





これはヤバいと思いトリクル充電器を

引っ張り出し繋いで放置しておいて

この間の日曜日に再始動してみると

とりあえず復活!最高気温の予報は

10℃とまだ寒かったのですが、久々に

いつもの道の駅に向けて出発です。





もう20年近く経っているのでは?の

年代物ゴアテックスジャケット。多分

ゴアテックスや防水ももう効いてない

ですよね(;´・ω・)。それでも少し北に

位置する道の駅まではそれほどの

寒さを感じることなく到着。

グロム 24.2.25②

曇り空の中出発しましたが、途中で

晴れ間も出てきて冬にしては程よい

ツーリング日和。バイクも何台か来て

いましたね。

グロム 24.2.25①

寒い時は甘い物が美味しいですよね。

そういえば大判焼き、色々呼び方ある

食べ物です。今川焼とか御座候とか。

ついつい信号が無い快適山道なので

いつもこの道の駅に来ちゃうのですが

今度は少し時間は掛かりますが東西に

走ってみようかな?





帰路の途中、いったんグロムを停めて

写真撮影。

グロム 24.2.25③

オドメーターが4444。ここまでに9年

掛かっていますので、年間平均の

走行距離は500km足らず。正直

勿体ないとも思うのですが、車検

あるバイクでもありませんし、今は

レンタルバイクも身近にあるとはいえ

家にバイクが無くなるのはちょっと

寂しいです。今年から子供も高校に

上がり、サッカーの送迎も少なくなる

筈なので乗る機会が増えるかも!?





とか言っていますが、最近ちょっとだけ

チェック柄シートのモンキーが気になって

近所のバイク屋さんを覗いてみたのですが

もう一台の気になっていたバイクが。

グロム 24.2.25④

グロム 24.2.25⑤

グロム 24.2.25⑥

YAMAHAのXSR125です。モンキーだと

見た目と5速MTであること以外はさほど

グロムと変わらない気がするのですが

こういう車格の原2はまた楽しさが違って

くるのでしょうか?メーカーも違うので

それも含めて違いが感じられるかな?

KTMと違い部品代も安そうですし。





でも昨年車買い換えたばっかりですし

高校進学で費用も掛かりますし、現実

手は出しにくいですね。それでなくとも

年間500kmしか乗ってない状態だし。





でもモンキー125は来年モデルからは

チェック柄のシートでは無くなるようですし

XSR125も来年このカラーリングがあるか

分からないですよね。もう一台増やしても

維持費はファミリーバイク特約でほとんど

変わりませんし、グロムを下取りと言う

選択肢も・・・。





しかし久しぶりに乗ったグロムは

4速MTとはいえ楽しかったですし

ガレージのお蔭か9年経ってる割に

奇麗だと思うんですよね。





年末ジャンボも当たってなかったですし

バイクに手を出すのは当分先かな(>_<)。

スポンサーサイト



京都マラソン2024②

①の続きです。書いていくとかなり長文に

なってしまいました。最後までお付き合い

頂けると幸いです。






枕が高かったのと最近は眠りが浅いのも

重なり、途中何度か目が覚め結局4時に

諦めて起きました。ホテルの朝食は6時半

からなので、無料は惜しいけど仕方なく

前日にコンビニで買っていたおにぎり×2

カステラ・バームクーヘンを部屋で食べて

6時にチェックアウト。大きい荷物は預けて

出発です(^O^)。





地下鉄の九条~京都駅は1kmも無いので

普段なら歩いていく所ですが、貧脚な自分

少しでも負担を減らそうと地下鉄へ。当初は

電車でスタート地点のたけびしスタジアムへ

向かう予定だったのですが、幸い京都駅から

直通バスのチケットが前日のEXPOでまだ

残っていたので、そちらで向かう事に。

京都マラソン2024⑭

結構な行列で、この時間はまだ地下鉄も

ガラガラだったのでそっちが良かったか?と

思ったりしましたが、乗り継ぎや駅からの

徒歩が無い事を考えるとやはりバスの方が

楽ですね。





到着後は空いているうちにトイレを済ませ

スタート地点がオープンされるまで待ちます。

朝の気温は確か10℃を軽く越えていました。

気温的には11月のおかやまマラソンの時期と

変わらないので、普通に考えれば上半身は

Tシャツ1枚だけで走れるのですが、天候が

不安定な感じでもし途中で雨や風が出たら

とか、予報程気温が上がらなかったらとか

ギリギリまで悩んでTシャツの下にスキン

メッシュを着て受付で貰った簡易ポンチョも

被ってスタート地点に向かいました。

京都マラソン2024⑮

全国女子駅伝などでも使われる伝統ある

競技場なんですが、やはり少し古い感じが

しました。でもトラックのラバーは柔らかくて

良い感じでした。





スタート店地点に入ってからはスマホの電波が

全く入らなくなってちょっと困りました。これは

docomoの想定人数をオーバーしたのか格安の

ahamoだからなのか、pixel8の不具合だったのか

よく分かりません(^▽^;)。ただ結局スタートまでは

復旧せず、走っている途中にガーミンへ通知が

来るようになったので、やはり密集が影響してた

のだとは思います。





スタートしてスタジアムを出るまでは応援の人が

沢山いて、ちょっとした選手気分を味わえます。

考えてみたらゴールが陸上競技場の大会には

何回か参加してますが、スタートが競技場内の

大会に参加したのは初めてでした。





スタート後は西に向かい、桂川沿いの道に出て

嵐山の渡月橋を遠目に見る事もできました。

ただこの辺り、多分スタートしてから5kmも

走らないうちに暑くなってきて、ほどけた靴紐を

結ぶときにアンダーのスキンメッシュを脱ぎ

持って走る羽目になりました。スタート時の

ウェアリングの判断は結果失敗でしたね。

その後は広沢池などを横目に山道へ。有名な

仁和寺の前ではこれも名物のお坊さんたちの

応援を受け走ります。





コース図を見て15km過ぎまではアップダウンが

続くのは覚悟していましたが、前半はまだ元気

だったので、ペースは落ちますが思ったよりも

淡々と走れました。沿道での声援や演奏での

応援も沢山ありましたが京都の土地柄なのか

太鼓での応援が他のマラソンに比べてかなり

多かった印象でした。





その後は金閣寺近くなどを走り賀茂川沿いへ

出ていきます。賀茂川って高野川と合流する

デルタから下流は鴨川になるんですね。実は

鴨川ホルモーを読んでから、一度この辺りを

訪れてみたいと思っていたので、マラソンで

聖地巡礼している気分でした(^-^)。





とはいえ前半のアップダウンが効いてきたのか

20km辺りで足が重くなってきました。あと自分は

折り返し地点があるとまたこの道を戻ってこないと

いけないのか~とメンタルにダメージを受けるので

5カ所の折り返し、特に今出川通の長い直線の先に

ある折り返しはしんどかったです。またこの辺りも

コース図上ではあまり気にならなかったですが

ゆるやかな勾配があり、25m過ぎにはかなり

太もも辺りも張ってきた感じでした。





でも京都マラソン名物の植物園内を走る所で

祗園の芸妓・舞妓さんの春おどりがあって

それはちょっと嬉しくなって元気が出ました。

立ち止まり見ているランナーもおられましたが

自分はそんな余裕は無いので、残念ながら

横目に見ながら通り過ぎました。





植物園を過ぎると、賀茂川河川敷を走る

これも京都マラソンの名物ルートに出ます。

ただこの河川敷のコース、普通の遊歩道で

かなり道幅が狭いです。京都マラソンは

全体的にコース幅が狭い所が多い印象で

特に市役所等の街中に戻ってきた辺りは

走路が1車線分しかない所も多く、ペースが

遅い人を抜こうと思うと、かなり強引に入る

必要があります。途中追いつかれたペース

ランナーも指定ペースで走る為にコースから

はみ出て走らないといけない様子でした。

後半のしんどい時に蛇行して走らないと

いけないのは心身共に余計な力を使います。

大型観光都市で行う都市型マラソンなので

仕方ないのですが、この辺りがもう少し改善

されると走る側としては嬉しい所です。





その後35km地点で5時間のペースランナーに

追い抜かれ、何とかグロスでの5時間切りを

目指そうと後を追いかけました。残り3kmで

このペースならいけるか?とペースランナーの

前に出て走り切ろうと思ったのですが、1km

走ったところで太ももの痛みが限界にきて

失速(/ω\)。結局残り2kmからは歩いたり

走ったりを繰り返し、久々にボロボロの中

何とか完走する事が出来ました。

京都マラソン2024⑳

京都マラソン2024㉑

京都マラソン2024㉒

応援ナビの速報タイムで確認してみると

グロスタイム(号砲からゴールまでの時間。

今回は号砲からスタート地点を通過するまで

6分23秒かかっています)5時間4分44秒、

ネットタイム(自分がスタート地点を通過して

ゴール地点を通過するまでの実質タイムです)

4時間58分21秒でした。公式タイムとしては

グロスタイムが適用されるので今回はサブ5

切る事は出来ませんでしたが、おかやまと

比べたらアップダウンがかなり多いコースで

このタイムなら自分の中の最低限ラインは

死守したかな?という感じです。





走るまでは、おかやまと同じくらいのタイムが

出ないかな?と密かに思ったりしてましたが

走っている途中でグロスのサブ5を目標に

変更し、最終的にはネットのサブ5に何とか

滑り込んだ格好です。テストで言えば赤点

ギリギリの60点が自分の中での採点です。





ラップタイムを見ても、途中で足に違和感を感じ

始めた20km過ぎ迄1kmあたり6分半のペース、

20km~40km迄1kmあたり7分ペース、最終の

2.195kmは1kmあたり10分程と体感通り失速

してるのが分かります。結果的に前半の坂を

もっとペースを抑えて走る事と、38km近辺の

無駄なスパートを止めていたらグロスでの

サブ5も達成できていたかもしれないな~と

いうのがタイム的な感想です。





京都マラソンへは今回が初参加でしたが、

コース上のトイレの数も今まで参加した中で

一番多く、給食も5時間付近の自分が十分

取れる量を用意して頂いており、給水も

気温が上がった中でも十分な箇所確保して

あり、本当にありがたかったです。





ゴール後は給水・給食なども沢山頂けて

希望があればみそ汁なども貰えたようです。

自分はもう着替えだけで精一杯だったのと

帰りのバスの時間が気になり、会場を回る

気力はありませんでした(/ω\)。

京都マラソン2024⑱

八つ橋はお土産に買ったものですがそれ

以外は全部完走して貰ったものです。

タオル修学旅行のお土産っぽく、メダルも

金属製ですが、色が入っていてデザインも

なかなかいい感じです。

京都マラソン2024⑯

帰りも京都駅まで乗り換えなしで行ける

地下鉄の駅まで直通のバスを100円!の

格安で運行して頂いて大変助かりました。

お蔭で京都駅で昼食?も食べられました。

京都マラソン2024⑰

またホテルに荷物を取りに帰ったりと

旅先での大会参加は手間とお金が

掛かります。とはいえいつまで体力と

気力が続くか分かりませんが、メタボ

対策と運動不足解消も兼ねて、もう

しばらくは年2回の大会参加は続けて

行ければと思います。でも冬の大会は

何だかイマイチなのでハーフにするのも

ありかな?ただ地味にウエイトが増えて

いっているのが気になる所。4月の健康

診断までに落とさないと・・・。

京都マラソン2024①

季節外れの暖かさが続いてますね。

またちょっと寒くなるみたいですが

もうすぐ3月ですし10℃を切るような

寒い日は少ないでしょうね。





この季節はマラソンや駅伝の大会が

全国色んな所で開催されています。

その中の一つ、京都マラソンに参加

してきました。ランナーは16,000人と

おかやまと同規模の大会ですが、

古都京都を走るという所にはやはり

惹かれるものがあります。





金・土の受付があるので、自分は

前泊して参加です。本当なら日曜も

休みにして京都観光も考えましたが

外せない仕事が入ったのと、数年前

京都は観光しているので今回は断念。

まあお金が無いのもあるのですが・・・。

貧乏旅行なので京都へは高速バスで。

京都マラソン2024⑫

京都マラソン2024⑪

個人的には京都駅と言えば京都タワーと

駅ビルの印象が強いです。地元の駅も

ちまちま改修していますが、いっその事

こんな風に大きく建替えてくれたら・・・と

思いますが収支合わないか(^▽^;)。





高速バスが京都駅に着いたのが12時前。

一旦この日の宿、九条駅近所のホテルに

荷物を預けて平安神宮近くの受付会場、

みやこめっせを目指します。マラソンの

参加者のせいなのか観光都市京都だから

なのか、電車は平日の地元のラッシュ程

人がいます。荷物あったら大変だったかも。





実は受付だけでなく、ゴールも平安神宮前。

既にゴールゲートが配置されていました。

京都マラソン2024①

京都マラソン2024②

京都マラソン2024⑩





平安神宮を背にしてゴールのようです。

東京マラソンもそうでしたが、これだと

写真やTV的にはかなり絵になりますが

ランナー自身は建物見えないんです・・・。

東京マラソンの時なんて東京駅が後ろに

あった筈なのに全く見てませんでした。

個人的に正面に見てゴールしたいですが

仕方ないですね。





ランナー受付自体は大した手間も無く

すんなり終了。京都マラソンは何故か

アスリートビブス(いわゆるゼッケン)を

前後に付けないといけないのが少し

手間なのですが前走者のブロックが

後ろから見えるので、ペースの参考に

するのに役立ちました。





受付が終わるとお約束ランナーEXPO。

京都マラソン2024③

京都マラソン2024⑤

京都マラソン2024④

ランニンググッズを売っていたり、飲食

ブースがあったりします。お昼ご飯を

食べてなかったので、空いている所で

うどんとみたらし団子をゲット。

京都マラソン2024⑥

京都マラソン2024⑦

肉うどんのつもりで買ったら実はこれ

焼肉うどんみたいな物だったようで

ナムルが入っていてちょっと消化に

悪いかな?と気にしてみたり。





ワコール?のブースではTシャツを

購入したら福士佳代子さんのサインと

2ショット写真が撮れる特典があって

ご本人が忙しく対応されていました。

ちょっと惹かれたのですが行列が

長かったのとデザインが好みでは

無かったのでスルーしました。





あとはお土産用に京都マラソン限定

デザイン都こんぶを買ってみたり。

京都マラソン2024⑲

本当はお抹茶がいただけるスペースに

興味があったのですが、人が数人しか

いなくて恥ずかしかったのでスルー。





そうこうしているうちにEXPOも終わり

とりあえず平安神宮を一回り。

京都マラソン2024⑧

京都マラソン2024⑨

小学校の修学旅行以来でしたが、

当時よりは色が少し褪せた?ような

感じがしました。こんな鮮やかな色の

神社をあの頃は見た事が無かったので

余計に綺麗に見えてたのかも??





その後は今日て駅まで戻り、マラソン

当日は疲れと帰りの渋滞によっては

お土産買う時間も無いだろうと思って

京都駅でお土産を購入してホテルへ。





16時のチェックインと同時に滑り込み

あとは翌日の朝食を1階のコンビニで

購入した以外はひたすらゴロゴロ。

夕食は無料で付いていたホテルの

夕食。カレーも選べたのですが、

普通のご飯が消化に良いかな?と

思いそちらを選択。でも揚げ物や

繊維質が沢山ありそうなサラダを

食べているのであまり意味ないかも。

とは言え走ってる最中に気持ち悪く

なりがちな自分なので、少しでも

負担は軽減しときたいところです。

京都マラソン2024⑬

この日は22時半頃?に就寝。ただ

枕が高かった事もあり、あまりよく

眠れませんでした。この後いよいよ

マラソン本番に挑むのですが。長く

なってきたので次回に続きます。



点検サービス 24.2.14

最近は暖かい日が続きますね。

今年はかなり暖冬だったような気がして

過ごしやすかったですけど、この調子だと

夏はかなりの猛暑や水不足に見舞われる

不安があります(;^ω^)。夏の水を雪解水に

頼ってる地域もあるでしょうし・・・。でも

個人的には今度の日曜日に迫ってきた

マラソンの気温が読めなくて心配です。

天気予報通りだと日中は暑そうですが

朝は寒そうだし・・・絶賛迷い中です。





話は変わりますが、昨年5月に買い換えた

我が家のカメラCANON EOS R10。
その後

ほぼ子供のサッカーの試合も撮影用として

頑張ってくれてましたが昨年10月末に最後の

公式戦が終了、その後は活動休止中( ̄▽ ̄;)。

eosr10購入

この度無事に子供の進学先も決まり(公立は

受験せず私立高校に行くようです)進学先は

サッカーメインで選んだ高校なので、とりあえず

あと3年間はサッカーを続ける事になりました。





という事で来年度からはまたカメラも復活予定。

リンク先でもちょっとだけ書いていますが、実は

R10でほぼこれしか使ってないレンズ、tamron

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD。これは

カメラ買替え時のに下取りに出すつもりでしたが

カビが生えていると言われて10,000円程の値しか

付かなかったので断念した経緯があります。





ただ屋外でサッカーを撮影している分には特に

問題も感じなかったのでそのまま使っていました。

とはいえ最低でもこの先3年は使う事が決まったし

思い切ってRF100-400mm F5.6-8 IS USM 辺りに

買換えるかメンテに出すかと何となく考えながら

過ごしていました。買い替えのメリットはAFの速さと

ズームリングの滑らかさ位で肝心のレンズの明るさは

数値だけで見たらtamronの方が上なんですけどね~。





ただメンテに出すとなると本当にカビや普通は取れない

ゴミが入ってるなら目安で29,000~36,000円の料金が

掛かります。そこ迄出すなら追金出してRF100-400を

買っても良い気がするし、でもそのレンズだとグラウンド

傍で撮影した時に近距離の選手は撮れないし・・・。





そんな事を考えてた時、ふと見たサイトで18-400の方が

製造中止になっているというのに気付きました。現在は

修理やメンテも受け付けてくれているようですが、この先

時間が経てば受付も出来なくなる時期がやってきます。

また修理割引が効く会員サービスも2/19で終了する

事も発見。どうしても欲しいレンズも手が出る価格帯には

無く、RFレンズはサードパーティの製造をcanonが認めて

いないようなので、先でこの価格帯の便利レンズは出ない

可能性もあります。





そういった諸々を考え、この度思い切ってtamronへ修理に

出してみる事にしました。とりあえず慌てて10%割引の効く

会員サービスに入り(笑)購入した時の箱に梱包して、昨日

tamronへ宅急便で送付。まずはお手軽料金4,400円で対応

して貰えるレンズ点検サービスをお願いし、カビの件やズーム

リングが重いことなど(製品の仕様かもしれませんが、少しは

緩和されるかもと期待して)記入しています。5日ほどで結果と

修理見積が出る予定ですので、その後に修理をどうするか

決めようと思っています。





この期間はレンズを物色するつもりですが、少しだけ

調べた感じだとやはり手が遠くレンズが無さそうですが

はてさて・・・。

ミニカーとラーメンと直木賞

この間お正月だと思ったらそろそろ1月も終わり。

ここ数日極寒ですが、全体的にはかなり暖冬?

もう一月もすれば春も感じられ始めるでしょうか。





相変わらず特に大きな出来事は無いのですが

とりあえず近況など。年末年始を経過してから

体重は順調に(笑)増えてるので少し意識して

減らす方向にいきたい所。とりあえず来月の

京都マラソンまでに最低1kg、あわよくば2kgが

目標です。とはいえ週4日は最低走っているし

お昼はカロリー控えめにしてるし、どうするか。





先日近所のBOOKOFFでミニカーの所を見てると

キックスのトミカを発見。自分が車買換えた時には

絶版になって新品は買えなかったので、迷わず

ゲット(^O^)。定価より安く買えました。

トミカキックス2024.1.25

車の中に飾りたい所ですが、何か考えないと動くし

炎天下でタイヤやガラス面等の樹脂部品が溶けて

痛むだろうからどうしようかな~。





あと先週の日曜日に近所に出来た行列ができる

ラーメン屋さんへ行ってきました。

ベトコンラーメン2024.1.25

つい最近までは隣の市に一軒あるだけだった

ベトコンラーメン。確か名古屋?のチェーン店で

先代の店主が修行してのれん分けして貰ったと

雑誌で見た気がします。その店舗が数年前に

火事になり、経営を法人に売却してクラファンで

再建したとか。その後西の方にも支店を出して

倉敷駅やうちの近所にも支店を出した感じかな。





10年以上ぶりに行きましたが、相変わらずの

ニンニクガッツリで仕事中のランチには無理(;^ω^)。

昔はこういったラーメンは珍しかったんでしょうが

今でいう次郎系のはしりなのか?個人的には

麺が普通で細いこちらの方が好みです。





最後に自分には似合わない直木賞の話。自分は

最近マンガ専門で活字の本はほとんど読まない

ですが、先日直木賞を取った万城目学さんの本は

出版されたら買うようにしています。文庫版が

メインですが・・・( ̄▽ ̄;)。

万城目学2024.1.25

元々は玉木宏や多部未華子が出演していたドラマ版

「鹿男あをによし」を見たのがきっかけだと思います。

その後本屋さんで表紙だけは見て気になっていた

「鴨川ホルモー」を読んで完全にはまりました。





色々映画やドラマの原作になって、直接本は見てない

けど、映画やドラマのタイトルは見た事あるという方も

多いのではないでしょうか?「プリンセス・トヨトミ」なども

映画になって盛んにCM流れていた時期もあります。





舞台となる土地やその歴史をベースにして壮大なホラ

話を作っている感じと言うか、歴史や地理が好きな方なら

より楽しめると思います。直木賞選考委員で最近別方面で

よく名前を見る林真理子さんが「日常にふわっと入り込む

非日常が本当に巧みに描かれている」と仰っていたようです。

すっかり活字離れした自分が作者買いしている唯一の作家

さんです。





過去5回直木賞にノミネートされるも選ばれなかったり、

その他TV局と色々あったり(これは局側の落ち度でしょう)

何だかちょっとだけ運が悪い作家さんなのか?と勝手に

思っていました。まあそれもらしいのかな?と失礼な事を

さも知ったように納得してみたり・・・。





そんな推しの作家さんが直木賞を取られて、密かに

嬉しかったです。とはいえ自分はあまり小説とかは

詳しくないのでこの辺で・・・(≧◇≦)。