FC2ブログ

kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

謹賀新年…ですが昨年の京都話

明けましておめでとうござます(*≧∀≦*)。

今年の抱負とかは特にありませんが、

嫌な事なく過ごせたら一番かな〜と。




さて、いきなり昨年の話に戻りますが

昨年末に京都へ行ってきました。

一番の目的はカングー乗りの中では

有名な?例のパン屋さんへ訪問する事。

あとは行き当たりばったりです(⌒-⌒; )。




出発は29日。渋滞は反対方向ですが

念のため早朝5時に出発。昼間なら

混んでいる筈の新名神の宝塚SAとか

寄ったりしながらのんびり走ります。


京都旅行2018①

結局渋滞は全く無く、パン屋開店には

早すぎたので、子供受け良さそうな?

10円玉で有名な平等院へ。

京都旅行2018②

時間が早すぎたので少し待ちましたが

並んでいるのはやはり外国の方が多い。

寒波で寒かったですが風が無かったので

水面に綺麗に鳳凰堂が映っていますね。




人が少ないうちに観光したお陰で拝観

終わったのは10時頃。約束の時間には

早かったのですが、パン屋さんへGo。

京都旅行2018③

関西のカングー乗りには有名な?

テクノパンです。待ち合わせ時間より

かなり前でしたが、店内イートインで

パンをいただきながら待機。

京都旅行2018⑤

京都旅行2018⑥

その後お約束していたomatsurikozoさんと

お友達のビボップ初期の限定車に乗られてる

方も合流され、なかなか見かけないビボップ

ビンゴ完成です(*´∀`*)。

京都旅行2018④

皆さんと楽しくお話しさせていただき、名残

惜しいですが、テクノパンを後に出発。

本来なら鉄道博物館に向かうつもりでしたが

気になるお店が近くにあったので立寄ります。

京都旅行2018⑦

インスタで気になっていたクラフトハウスと

いう車屋さんです。元々はmni専門店だった

みたいですが、カングーの専門店も始めた

中古車屋さんです。特に車を買いに行った

訳でもない遠方の暇人(^_^;)が突然訪問した

にも関わらず気持ちよくお相手して頂き

ました。この先カングーがフルチェンして

気に入らない形になったり、ビボップを

売却するとかになったらお願いしたいと

思わせるお店でした。とはいえビボップ

買取をお願いしたら逆に迷惑かも!?




クラフトハウスさんの後は京都といえば

お約束?の鉄道博物館へ。ホテルが駅の

近所だったので、車を預けて徒歩です。

京都旅行2018⑧

京都旅行2018⑨

鉄道にはあまり興味のない我が家でしたが

子供も楽しめたみたいで良かったです。ただ

ジオラマが時間の関係で見れなかったのが

残念でした(;ω;)。




鉄道博物館を出たのはもう夕方だったので

通りがかりの居酒屋で晩御飯を食べて…

京都旅行2018 11

京都タワーを眺めて京都駅の空中回廊?で

揺れに怯えて酔いも冷めてホテルに戻りました。

京都旅行2018⑩




翌日はこれまた拝観開始時間に金閣寺へ。

京都旅行2018 13

平等院と比べものにならない位の人数と外国の方。

メジャーどころは恐ろしい(⌒-⌒; )。伏見稲荷も

行きたかったですが、混みそうなので断念。

最後に子供が喜びそうな太秦映画村へ行って

帰宅しました。何だか修学旅行みたいな日程

でしたが、大人も子供も楽しかったみたいなので

よしとしましょう。




昨年…というか最近はカングーの集まりとも

疎遠になってきた感じでしたが、今年は

もう少し車のイベントに参加したいですね。

ジャンボリーとか久しぶりに行けたらいいなと

思ったり。ただ前回行った時は会場が今と違う

場所だったので、勝手がよくわかりません。

噂の芝生広場に停めるには何時頃行くのが

良いのか?とか。

それよりもできれば後泊してのんびりと

ジャンボリー楽めるように休みが取りたい

ところです。




新年早々とっ散らかったブログになりましたが

今年も皆さまよろしくお願いしますm(_ _)m。

スポンサーサイト

GW2018 初日〜2日目 キャンプ

前回ブログの続きです。

ルノー岡山を11時頃に出発して、車で2時間程の黒木キャンプ場を目指します。途中イオンでみん友さんと合流して晩御飯等をお買い物してキャンプ場へ到着です。どうしてこういう時って買いすぎちゃうんでしょうかね?食べきれず家まで持って帰る物もありますが、なんだかんだでいちまんえん(⌒-⌒; )。

黒木キャンプ場2018①

奥に見えるのが今回宿泊したバンガローです。ここは第3キャンプ場まであり、GWだというのに今回泊まったキャンプ場は他に2組いるくらいでガラガラ!(◎_◎;)。管理棟近くのキャンプ場はそれなりに人もいたみたいですが、静かに過ごせるし騒いでも他の人に迷惑かからないしでラッキーでした。ここでみんともさんのお子ちゃまに、小学校入学祝い?にサッカーボールをプレゼント。今後遊んでくれるとイイな〜。

バンガローのすぐそばには川が流れていて、水がとにかく綺麗!まだ水温は冷たいですが、吊り橋越しに山々も見えてロケーションは抜群です。設備的に目新しい物はありませんが、色々レンタル品も用意してあり手ぶらキャンプも出来そうです。周辺にはマウンテンバイクコースもありレンタル自転車も用意しているので、自転車好きな人にもイイかもしれません。

黒木キャンプ場2018④

黒木キャンプ場2018⑥

黒木キャンプ場2018⑦

しばらくダラダラしてから晩御飯の準備。今回デビューの2バーナーガスコンロと焚き火台の準備をします。

黒木キャンプ場2018③

写真に写っているのはみんともさんのユニフレーム?の焚き火台ですが、今回デビューさせたのはコールマンのファイヤーディスク。ヒマラヤ閉店セールで買ってきた焚き火台です。この画像は借り物ですが(⌒-⌒; )どこからどー見てもパラボラアンテナ(笑)。

コールマンファイヤーディスク2017

イイ感じでお酒が回って来た頃に焚き火も開始。薪はゴミ捨て場で拾って来た(笑)建築廃材。多分垂木とか根太に使われていた物でしょうか?どうなるかと思いましたが、さすが建築材料、乾燥材のようでよく燃えます。ファイヤーディスクは普通に薪を入れても空間が出来て燃えやすいという売り文句でしたが、その通りよく燃えます。松ぼっくりは火種にぴったりと聞いていたのですが、これもイイ感じで燃えてくれました( ^∀^)。

黒木キャンプ場2018⑧

結局子供が寝てからも親は飲み続け、0時頃?就寝。途中で薪が無くなりキャンプ場で購入したマキに変えたのですが、これは乾燥が足りないようではぜて大変でした。でもその方が風情がありますよね。結果長年履いてペラペラになっていたユニクロのジーンズはとどめを刺されてしまいました(T ^ T)。かなりの冷え込みでしたが焚き火のお陰で快適。ただバンガローはカメムシ大量発生?で昼から20匹は外に出したのですが、寝るときにまだ室内に数匹いる状態で(・_・;。カーテンの裏で大人しくしてくれていたので良かったですが、酔っ払う前は気になって車で寝ようかと思ったくらいでした(⌒-⌒; )。

翌日は子供のサッカーがあったので、朝ごはんを食べて9時半には出発しないといけません。とりあえず朝ごはんを食べてから近所の滝を見に行きました。子供は面白くないかと思ったのですが楽しく散策してくれ、小1と小4ですが子供同士は勝手に遊んでくれるので助かります。やはりキャンプは子供の年齢が近い家族で行くのが楽ですね〜。

そう言えば昨日デビューしたファイヤーディスクは、一度だけの仕様でかなりイイ色に焼けていました。

黒木キャンプ場2018⑨

これ持っているだけでキャンプの達人に見えるかも。これだけ焼けが入るということはきっと材料が薄いんでしょうね。でも案外コンパクトに収納できますし、今後機会があればまた持って行こうと思います。薪はまた拾って来る事にしましょう(笑)。

そんなこんなで半日ほどのキャンプは終了です。本当はもっとゆっくり出来たら良かったのですが、こればっかりは仕方ないですね。次の長期休暇はお盆ですが、その頃は暑くて困るので高原キャンプか秋口まで待つかでしょうね。みんともさんは遠方にお住まいなのでなかなかご一緒できませんが、懲りずにまたお付き合いくださいませ♪( ´▽`)。

バス旅行 18.4.7

ここ数日寒かったですが、やっとまた暖かくなって来ましたね。この間の週末は瀬戸大橋30周年でブルーインパルスは来るわPUFFYは来るわ(笑)で張り切って見に行きたかったのですが、何と会社の研修旅行・・・(T ^ T)しかも正式な日程等のアナウンスは全く無く、直前に非公式に(笑)日程表が回って来て認識するという。どんな職場なんでしょうね、ここ。

協調性の無い自分は全く行きたくなかったのですが、小さい会社なので根に持たれると色々後々面倒なんで言って来ましたよ。ずっとバスに乗って目的地でちょっとだけ降りるを繰り返すって昭和の旅行ですな。と愚痴はここまでにして撮った写真でだらだら振り返ります。

まずは新神戸駅側でバスを降りて、駅のそばにある施設へ(写真撮ってないあたりでやる気無いのバレバレ)。ちょうど高畑監督亡くなってすぐでしたが、ジブリの催ししていたのでラッキー。ただ同行している人たちが騒ぎすぎるので、他人のふりして逆回りで施設を回っていましたけど(⌒-⌒; )。その後バスに戻り車内で弁当を食べ、京都のとある施設で2時間みっちり座学・・・。終わって今度はとある工場へ。

バス旅行2018.4 11

バス旅行2018.4⑨

バス旅行2018.4⑦

何だかちょっとだけで見学を終わり、その日の宿へ。宿は琵琶湖の畔にある事は調べていたので、次の日は早起きして湖畔をランニング・・・のつもりだったのに、湖が見えるのは宿のそばだけで他の場所ではただ国道走るだけ(⌒-⌒; )。10km走る予定がでしたが8kmでやめときました。わざわざランニングウェアやシューズ持って行ったんですけどね。

バス旅行2018.4 13

バス旅行2018.4②

朝温泉入って朝ごはん食べてまたバスで出発。この日は寒かったですが朝のうちは天気も良かったので、琵琶湖大橋では沢山のロードバイク。そういえば宿にも自転車写ってたポスターもありました。いつかビワイチとかしてみたいですね。

バス旅行2018.4④

最後は近江八幡を観光してお昼食べて旅はおしまい。来週はお祭りがあるとの事で準備が大変そうでした。

バス旅行2018.4⑤

バス旅行2018.4①

バス旅行2018.4 14

バス旅行2018.4 12

バス旅行2018.4⑩

バス旅行2018.4③

祭りの準備のお陰で?車が侵入禁止になっていて、いつもは大行列必至というクラブハリエやたねやもガラガラ。お陰で美味しくいただきました。

バス旅行2018.4⑧

バス旅行2018.4⑥

バスの旅も久々でしたが、お酒飲もうが寝ていようが目的地に着いてくれるのは楽ですね。でもやっぱり自分で車運転したり電車乗ったりしないと、距離感分からないし自由もきかない。個人的には多少しんどくても距離を実感できる旅の方が好きですね。来月のカングージャンボリーも行きたいけど、ちょっと遠いかな〜。

日本海への旅 16.8.15

日本海の旅、二日目です。

この日は朝5時に起床。オリンピックを見た後に子供と朝風呂。ここの温泉は塩分がかなり入っているみたいで
舐めるとしょっぱいです。海の傍だから海水からの塩分が混ざるのでしょうか?その後7時の朝食開始の時間に
荷物を持ってレストランでバイキング。食べ終わってからすぐにチェックアウトの手続きをして、マリンワールドへ
出かけました。チェックアウトしても宿泊者の荷物と車は預かってくれるので助かります。駐車場代も浮くし(笑)。

お盆期間は8時に開園で、入ってすぐにアトラクションの予約をして園内をぐるぐる。kogeが今までに行った事の
ある水族館の中では、建物もお金掛かってそうですし色々頑張っているな~という感じでした。勿論美ら海や
海遊館の方が大きいかもですが、この立地でこれだけの設備を維持するのはなかなか大変そうです。

この中でkogeが一番楽しみにしていたのが、アジ釣り。先日知人にここでアジが釣れて、釣りたてをすぐ揚げて
食べさせてくれると聞いていたのです。うちの子は数回釣りに行ってボウズなので、釣れる楽しさを体験させて
やれるといいな~と思ったので。ちなみに水族館によると、午後は混み合うので釣りは朝一がおすすめとか。
ちなみに竿レンタル一本650円、から揚げ一匹50円です。天ぷらって書いてあったけどから揚げっぽいです。

アジは餌をやっていないのか、まさに入れ食い。針にかえしが付いていないのか、釣り上げたと思ってもすぐ
外れたりしますが、何度かやるとコツがつかめてきます。うちの子も何度目かチャレンジで・・・

日本海の旅 16.8.14⑤

大物を釣り上げて満面の笑みです。写真の一番大きいやつに針を取られて釣り体験は終了でしたが、本人は
かなり楽しかったようでもう一度やると言ってました。勿論却下(;'∀')。その後kogeと子供で釣り上げた6匹を
アジバーで揚げて貰いました。

日本海の旅 16.8.14⑥

小骨もあるしこの間釣ったママカリは不味かったようで吐き出してしまっていたので、食べれるか心配でしたが
塩を振って味付けしただけの味を美味しいと言って食べてました。今度は川魚の釣り堀にでも連れて行って
やろうかな~。普通の海で釣る自信はありません(笑)。

その後は定番のイルカアシカショーを見学。色んな生き物が出てきたり、トレーナーをリフトアップして地上に
持ち上げたり、他所で見たイルカショーよりも個人的には楽しめました。イルカショーも水族館ごとに色んな
工夫してあるんですね。

日本海の旅 16.8.14⑦

日本海の旅 16.8.14⑧

日本海の旅 16.8.14⑨

結局11時30分くらいまで滞在して、マリンワールドを後にしました。お盆時は高いのでなかなか泊まれませんが
子供も楽しかったようで何よりでした。ただ周辺に歩いて行ける観光地が無いのが玉にキズでしょうか。大人は
車で少し足を延ばしたら城崎と温泉とかでも楽しめそうですけどね。

そのまま真っすぐ帰るのも勿体無いので、少し回り道をして出石へ。出石と言えばソバですよね。kogeは以前に
バイクで来たことがあったので、今回は街の中心部の城址そばの駐車場へ。近場の秋篠宮様が食べたという
お店でランチ。子供は酔い止めのせいかずっと寝ていたので、大人だけでソバを頼みました。

日本海の旅 16.8.14⑪

日本海の旅 16.8.14⑩

15皿食べると認定証をくれるみたいです。無理して食べればいけそうでしたが、前の日から食べすぎてたので
8皿で止めときました(;^_^A。出石では蕎麦ソフト食べて少しだけ観光して撤収。播但道IC傍のせんべい工場
見たり、雲海で有名になった竹田城址を眺めながら帰路につきました。幸い渋滞にも合わず無事帰宅。

日本海の旅 16.8.14⑫

一泊二日のお盆旅行はこれで終了~。とりあえず子供は楽しかったみたいですし、絵日記も書けたみたいだし
よしとしましょう。うちの母親も孫と旅行ができて良かったのかな??

日本海への旅 16.8.14

今日からお仕事と言う方も多いんでしょうが、我が家は今日までお盆休み。今年はkogeの実家の母親が宿泊施設
指定で旅行に連れて行けというので、14日から1泊2日で行ってきました。目的地は城崎マリンワールドの隣にある
「金波楼」という旅館。かに道楽グループの施設のようで、城崎マリンワールドも同グループだそうです。

当日は朝4時半!に出発。まずは鳥取の浦富海岸を目指します。この夏この海岸に「フロリックシーアドベンチャー
パーク浦富」
という娯楽施設がオープンしているとの情報を見つけたからです。ハウステンボスに来ている施設の
少し小さい版のようですが、以前zipでやっていて子供が行きたいと言っていたのです。

朝一番9時の枠を取ったので、逆算して早めに出発。おかげで乗り物酔いしやすいうちの子供も、鬼門の中国山地
越えの時には爆睡で酔う暇もありませんでした(笑)。予定通り8時には現地に到着。施設を見ると・・・思ったよりも
しょぼい・・・?レンタルのよく浮くライフジャケット着て泳いで100mほど沖の施設を目指します。でもここは遠浅
なので、ほとんどは歩いて行けます。10m程しか泳げないうちの子供も70代の母親も問題なく到着できました。

日本海の旅 16.8.14①

とりあえずはぷかぷか浮いている所で遊ぶのですが、これがかなりハード!一時間の枠でしたが、一時間後には
ヘロヘロになりました。久しぶりに日本海に行きましたが、透明度や砂浜の質など瀬戸内海とは大違いでキレイ。
これを一度味わうともう瀬戸内海では泳げないな~(;´・ω・)。まだしばらくやってるので、近所の方にはおすすめ
ですよ。あ、画像は借り物です。kogeが行った日は風もなく、晴天で気持ちよかったですよ~。

10時半頃まで泳いで、宿に向けて出発。5月に麒麟獅子マラソンで走った浜坂を通るので、マラソンの時に気に
なっていた漁港近くの水産屋さんが経営してる「味波季」というお店でランチです。お盆期間でメニューの種類は
限定されていましたが、コストパフォーマンスは高いように思いました。写真のランチが1500円です!普段ある
日替わりランチはもっとコスパが上らしいですよ。

日本海の旅 16.8.14②

おなか一杯になったら、浜坂港から出ている遊覧船に乗ってみました。クーラーがついていない船にはちょっと
参りましたが、海の上なので何とか耐えられます。ジオパークに指定されている岩壁などをゆっくり見られます。
しかし子供はそんなのにあまり興味なく、グラスボートになっている船底を見て魚を探して過ごしてました。

日本海の旅 16.8.14③

日本海の旅 16.8.14④

その後は余部鉄橋やジオパークに指定されている海岸の景勝を眺めつつ宿までドライブ。かなりの断崖沿いの
道を走るので、高所恐怖症のkogeは眠いのもあってかなりのスローペースで走りました。結局予定より少し早い
15時に宿に到着。金波楼は本当に城崎マリンワールドの隣に建っていました。泊まる部屋は最上階に位置する
オーシャンビュー(笑)。

金波楼

施設はちょっと古い感じがしますが、スタッフの対応は行き届いている感じがして気持ち良かったです。宿泊者は
2日間有効のマリンワールド半額券を貰えるので、着いた日にとりあえず行ってチケットを買っておいて、翌日の
時間ロスを減らすのがおすすめのようです。少しでも見て回っておけば、次の日も楽になりますしね。

kogeはそのことに気付いたのが翌日だったので(/ω\)、この日は温泉に入ってご飯を食べて、オリンピックを
見て就寝でした。スマホを部屋に忘れていたので写真撮れませんでしたが美味しかったですよ。

例によって長くなってきたので、翌日の様子は次回に回します。

このカテゴリーに該当する記事はありません。