kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

嫁入り 2017

以前にも書いたずっと心にあった懸案事項が、我が家のバイクGT1000の扱いです。別の車体を見に行った広島のディーラーで一目惚れして岡山まで引っ張っるという巡り合いをしたバイク。最近はランニングやロードバイクに時間を取られ、走れば走る程維持費が増えると言うジレンマにも絡み取られ、走行距離が伸びなくなっていたのは前に書いた通りです。

バイク買取店にも出向き査定もしましたが、その時にはこの値段なら手放しても・・・と思っていた価格にはならず見送り。ヤフオクも考えましたが、名義変更など少々怖い点もあったので思いきれませんでした。ふとガレージにあるGT1000を見るとやっぱりカッコいいんですよね~。部品一つ一つの仕上げにもDUCATI持つ色気を感じたり。

査定に行った後も悩んで、子供が大きくなる10年後か15年後か分かりませんが、それまで車検を通さず持っておいて再び乗れるようになった時にお金かけて乗れるようにすればいいか!と自分の中で考えないようにしました。数十万掛かってもまた買おうと思うとそれ以上のお金が必要となりますからね。

それからしばらく後、自分のブログにある方から非公開でコメントが入りました。そこには30年ぶりにリターンライダーになる予定で大型二輪免許取得の為教習所に通っている事、ビコローレのGT1000を探しているけどいい車体が無い事、ブログを見てダメもとで売って貰えないかとコメントを入れた事などが書かれておりました。

この時は自分の中で保有し続ける事をいったん決めていたのですが、この先持っていても年に1000km程のペースでしか乗らないであろう事、その間の維持費は何もなくても年に10万程度はかかるであろう事(消耗品交換や故障・転倒等あれば金額は跳ね上がります)、その他長期保管後の復活に対する不安を感じる出来事があり再び悩み始めました。

その後メールでやり取りをしていったのですが、その方は年齢も自分と近くメールの内容から大事に乗ってくれそうな感じがした事、売買金額もこちらの希望そのまま受け入れて頂いた事、このまま乗らずに少しずつ傷んでいくよりは本当に乗りたいと思っている方の所へ直接お譲り出来る事などを考慮し、結局最終的に手放すことを決断しました。

それからは輸送方法、名義変更の方法、お金のやり取りの方法などを相談してバイクを発送。今月の25日に無事に先方の手に渡ったと連絡がありました。今回の取引は相手方のご協力もあり、本当にスムーズに運びました。結局実物を見に来ていただくことは叶いませんでしたが、到着した現車を気に入って頂いている様子はメールで伝わってきました。

結局我が家では5年間6000km程の付き合いとなってしまいましたが、やはりDUCATIは楽しいと再び思わせてくれたバイクでした。今は手元に無い実感は無いのですが、広くなったガレージを見るとやはり少々寂しいです。この写真はバイクを発送する直前に撮影したものです。我が家からほど近い所にデポがあったので、そこまで乗り入れるのがGT1000に乗った最後でした。

yomeiriGT1000

yomeiriGT10002

12km程の道のりを車の流れに乗って走りました。デポ地に付いて名義変更の為にナンバープレートを外そうとしたその時・・・

yomeiriGT10003

yomeiriGT10004

それまで何ともなかったリアウインカーがぽっきり折れています。今まで何も不具合の無いいい子でいてくれていたのですが、最後に我が家から離れるのが寂しいと思ってくれたのかな?とガラにも無い事を思ってしまいました。それでも買い取り業者に売ってしまうのではなく、引き取り相手がどんな方か分かっているので手放す寂しさもそこまでではありませんでした。

こうしてまた5年ぶりにDUCATIオーナーでは無くなってしまいました。と言うよりも250cc以上のバイクが手元から無くなるのは20年以上振りです。これからはグロムに頑張って貰わないといけませんね。

GT1000をお譲りして頂いたお金は、使い込まないように早速定期にしました。なんなら10年物国債とか買っても良かったかな?いい値段で買って頂いたお陰で、将来的にDUCATIで中型以上のバイクにリターンする事も何とかなりそうですし、少なくとも浮いた維持費を使い込んでしまわないよう、子供の手が離れるまでは頑張ろうと思います。とか言ってて新しいバイクとか買ってたらどうしよう・・・。

DUCATI及びGT1000オーナーでは無くなってしまいましたが、DUCATIやGT1000繋がりの方も引き続き仲良くして頂いたら嬉しいです。5年前の時もBMWの新車に浮気して、結局3年の車検期間も持たずにDUCATIに帰ってきた馬鹿者(笑)なので。

スポンサーサイト

チェーン錆びてる!?

先日久しぶりにグロムを引っ張り出して、少しだけですが乗ってきました。いつもの道の駅への信号のない山道だと、ついついアクセル全開で走ってしまいますが、それでもなんの不安も無い排気量。勾配のきつい坂だと少し後続の車を気にする場面もあるのですが、どれだけ開けても走らないので心に余裕を持てますね。

街中でもすり抜けも楽ですし、車の後ろについて走ってもそんなにイライラする事も無い。日帰りで遠出という訳には行きませんが、お盆明けから9月一杯は休みなく忙しくなりそうなので、10月に入ったら代休取ってしまなみ海道通って九州まで行ってみようかな?とか妄想してみたり。

帰宅してから自転車のチェーンにオイル差したりしていたのですが、グロムのチェーンもしばらく手入れして無いのを思い出してチェーンオイル差そうとしたら・・・錆びてる!?どうもしばらく何もしない間に錆びてしまったようで、茶色の錆が表面に広がっています(写真撮るのは忘れてました)。今まで乗ったバイクでそんな事は無かったので、ひょっとしたらあまり良いチェーンではないのかな?

とは言えどうにかしないといけませんので、パーツクリーナーで掃除してみましたがあまり意味なし(;´・ω・)。これはもう少し違う物でやろうかと倉庫からゴソゴソケミカルを探してきました。

ケミカル 2017.7

金属ブラシがあれば良かったのですが持っていないので、これが良いのかは分かりませんが556をぶっかけてしばらく置いて、歯ブラシでごしごしやってみました。するとまだ表面についているだけの錆だったようで、556が茶色に染まっていって錆を落としてくれているようです。ひとしきりごしごししてパーツクリーナーもぶっかけて、少し時間を置いて水洗いの後水置換性のチェーンオイルを指してとりあえずお手入れ完了です。

グロムチェーン2017.7

それなりに綺麗になりましたかね?その後よく見るとミラーのステーにも錆が!!グロムで雨の日に走った事も無いのに、やっぱりメッキが弱いのかな?このまま放っておいたらGT1000のように錆が酷くなりそうなので、以前さび落とし用に用意していたケミカルを投入。

錆取りキング2017.7

これをたっぷり専用クロスに付けて、錆びているメッキを優しくこすります。まだ下から錆が押し上げるところまで症状は進んでいなかったので、何となく綺麗になったような気がします。あ、今度は綺麗にした後の写真撮ってない・・・(/ω\)。

グロムミラーステー2017.7

チェーン綺麗にしたついでに黒く汚れていたホイールも洗って、樹脂の部分にはバリオスコートで仕上げてお掃除完了!

グロム 17.7.17①

グロム 17.7.17②

なかなかいい感じ?なんせあまり乗れてないからまだピカピカ(笑)。足回りがばたつく感じがするので、やはり余裕が出来たらサスとか交換したいな~。ま、余裕が出来る予定は全くありませんけど(ノД`)・゜・。

ベルト交換 2017.7

今日もこちらは雨模様で、警報が出ています。梅雨末期だから仕方ないかもですが、災害にならない程度でお願いしたいです。

さて我が家のさっぱり乗らなくなってしまったGT1000、走行距離的にはまだまだですが年数的にはベルトが心配になってきていました。確かメーカーは2年2万キロ?を基準としていると聞いた気もするので車検毎に交換が理想でしょうが、工賃が掛かるので最近は走行距離が伸びない事もありスルーしていました(;^ω^)。

ただオイルとかとは違いベルトは切れるとエンジンが終わってしまうので、たまに乗るとしても気持ち悪い・・・。色々思う所もあり、バイク屋さんに交換して貰いに行きました。あ、結局何も写真撮ってないや( ̄▽ ̄;)。

交換時はバイクを置いて帰って後日取りに行ったのですが、その時に新しいSSと今はやりの?スクランブラーの試乗をしてきました。スクランブラーはメーター周りが寂しかったりコストダウンな感もしますが、良くも悪くも普通に走れます。悪く言えばDUCATIらしく無いとも言えますが、何も考えずに走れました。とは言え直線の幹線道路を走っただけなので、コーナリング性能とかはよく分かりません。

SSの方は昔のSSと違ってハンドルはアップライトで、GT1000と比べてもそんなに違和感はありません。SSと言うよりはSTシリーズの後継?と言ったポジションでした。お値段は180万と宝くじでも当たらないと買えませんが・・・。アクセル開けた時にはパワーが出てなくてつんのめる感じがしましたが、これは日本仕様の馬力のせいなのかモード選択が良くなかったのか?

将来的に買うとなると、お値段やお気軽さから言えばスクランブラーですが、ショールームに置いてあった新しいモンスター797?が見た目はカッコよかったですね~。タンクの形状が昔のモンスターみたいで、自分的には好みでした。って画像も無くこんな話は頂けませんね。

結局ベルト交換はお値段33000円程掛かりました。やっぱり乗れてないバイクにこの出費は痛いですね(/ω\)。うーん・・・。

新型に乗ってきた!

今日は久しぶりにバイク・・・自転車ではなくオートバイの話です。そう言えばオートバイをバイクと呼ぶのは日本位だと聞いた事もありますが、本当はどうなんでしょう?

この間の日曜日、雨予報に反して雨が降りそうになかったので、以前から気になっていたバイクを試乗してきました。

CBR250RR 2017①

CBR250RR 2017②

新型CBR250RRです。250ccバイクにも関わらず80万円!する価格で話題になっていますね。その価格が示すように、水冷4バルブの38馬力パラツインエンジンを搭載し、倒立フォーク・燈火類はオールED・フルデジタルメーター・3つのライディングモードを備えるなど大型バイク顔負けの装備を誇っています。

今回の試乗は「最新の250ccが大型バイクの代わりに所有しても満足感が得られるか?」が自分の中でのテーマです。お店の人からまずはコンフォートモードで走ってくださいと言われたので、言われた通り走り始めました。ところがこれが出足が思った以上に悪く、上体がつんのめりそうになる程走りません(;゚Д゚)。

大型バイクの感覚で乗ってしまったからかもですが、これだとある意味グロムよりストレス溜まります。そこでスポーツ・スポーツ+モードをメインで走ります。試乗した店舗が街中だった為、コーナーや峠道を走れないのは残念ですが、車の流れを十分リードして走れます。スポーツ+モードにしてエンジンを回せば、自分の中での250ccイメージよりも元気よく加速していきます。

パラツインなので2気筒らしい鼓動感と言うか振動を感じるかと思いましたが、思った以上に静かにある意味シルキーに回転を上げていきます。言われなければパラツインだと分からない位です(^O^)。そりゃよく考えたら250ccも並列4気筒ですから、1バルブ当りの排気量の大きさはかなり小さいので、1000cc空冷2バルブと比べたらシルキーな筈ですよね。

ただ高回転まで回したらツインと言うのが分かる感じですが、元気のいい排気音もしますしそれなりに楽しく乗れます。これで峠に行ってもグロムと違って絶対的なパワー不足は感じなそうです。

またこのエンジンに対して車体は完全に勝っていて、どれだけアクセル開けても破たんしそうな気配は全くありません。昔のアルミフレームと違いダイヤモンドフレームなのですが、倒立フォークのお陰もあって剛性感が出てるのでしょうか?GT1000よりもよほど剛性感がありますが、これはDUCATIとの考え方の違いもあるのでしょう。とは言え最新の大型国産バイクに乗った事は無いので、この辺りの事はよく分かっていませんけど(笑)。

メーター周りや操作系などの目に入る部分の質感はなかなかです。それこそ同じホンダなら大型バイクと並べても遜色ないのでは?製造は日本の熊本工場だそうなので、カウルの精度もちゃんとしているのではと期待します。外国の工場で作ったバイクは、カウルの脱着もコツが必要だったりしますよね。

バイパス含めて10~15分ほどの試乗コースだったでしょうか?なかなか楽しい時間でした。もしGT1000を手放したら将来的にこれでリターンライダーもありかな?という気もします。ただポジションは身長178cmの自分には足の曲がりがちょっときつい感じだったので、アフターパーツでポジション変更出来たら嬉しいですね。

とは言え見積もり金額(車両本体・消費税・自賠責・盗難保険・延長保証・メンテナンスパック・ガラスコーティング)は乗り出し90万越えていましたから、その金額を250ccに支払うのは正直抵抗があります。今のGT1000の毎年の維持費10万円を積み立てたと思えば、数年所有したら元が取れるかもですが・・・。

CBR250RR 2017③

何にしても、ホンダの本気の一端を見た気がします。これから各メーカーが頑張ってくれて、選択肢が増えると嬉しいですね。その時はもう少し値段下がるといいな~(^O^)。

今更リコール対策 2017.5

久しぶりに自転車じゃない話です(;^ω^)。

昨年のいつ頃だったか、グロムにリコール出ましたよね。燃料ポンプユニットの不具合でAssy交換が必要だという奴です。GT1000と同様グロムにもさっぱり乗れていなかったので放置していたのですが、重い腰を上げてバイク屋さんに行ってきました。

まずは事前に相談に行ったのですが、やはり部品は取り寄せしないと在庫は無いとの事。また1~2時間作業時間が必要との事だったので、5月半ばの平日に会社の人に迎えに来てもらってグロムを預けてきました。その際に距離は出ていないのですが、ついでにオイル交換も以来。

そして日曜日が晴れたので、ビボップで受け取りに行ってきました。自分がグロムで帰っても良かったのですが、たまにはという事でninoが乗って帰る事に。作業が終わったグロムは外見が変わる訳では無いので、何の感動もなく(笑)。オイル交換の650円だけ支払って帰路につきました。あ、自分が買ったお店ではバイク購入者はずっとオイル交換半額だそうです。

実は新型CBR250RRを見たかったのですが、残念ながら品薄でまだ展示車は入荷していないとの事でした。お値段高い割に大人気みたいですね。一度街中で黄色とグレー?の実車を見たのですがカッコよかったような気がするので、一度見に行かなくては。とか言っていたらドリーム店に試乗車があるようなので、近々行ってみよう(^O^)。

という事で特に画像も無いですが(;^ω^)無事リコール対策は終わったという事で。折角オイル交換もしたし、梅雨に入るとは言え今月は今の所連休もあるカレンダーだった気がするので、晴れたら乗ってみたい所です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。