kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

新型に乗ってきた!

今日は久しぶりにバイク・・・自転車ではなくオートバイの話です。そう言えばオートバイをバイクと呼ぶのは日本位だと聞いた事もありますが、本当はどうなんでしょう?

この間の日曜日、雨予報に反して雨が降りそうになかったので、以前から気になっていたバイクを試乗してきました。

CBR250RR 2017①

CBR250RR 2017②

新型CBR250RRです。250ccバイクにも関わらず80万円!する価格で話題になっていますね。その価格が示すように、水冷4バルブの38馬力パラツインエンジンを搭載し、倒立フォーク・燈火類はオールED・フルデジタルメーター・3つのライディングモードを備えるなど大型バイク顔負けの装備を誇っています。

今回の試乗は「最新の250ccが大型バイクの代わりに所有しても満足感が得られるか?」が自分の中でのテーマです。お店の人からまずはコンフォートモードで走ってくださいと言われたので、言われた通り走り始めました。ところがこれが出足が思った以上に悪く、上体がつんのめりそうになる程走りません(;゚Д゚)。

大型バイクの感覚で乗ってしまったからかもですが、これだとある意味グロムよりストレス溜まります。そこでスポーツ・スポーツ+モードをメインで走ります。試乗した店舗が街中だった為、コーナーや峠道を走れないのは残念ですが、車の流れを十分リードして走れます。スポーツ+モードにしてエンジンを回せば、自分の中での250ccイメージよりも元気よく加速していきます。

パラツインなので2気筒らしい鼓動感と言うか振動を感じるかと思いましたが、思った以上に静かにある意味シルキーに回転を上げていきます。言われなければパラツインだと分からない位です(^O^)。そりゃよく考えたら250ccも並列4気筒ですから、1バルブ当りの排気量の大きさはかなり小さいので、1000cc空冷2バルブと比べたらシルキーな筈ですよね。

ただ高回転まで回したらツインと言うのが分かる感じですが、元気のいい排気音もしますしそれなりに楽しく乗れます。これで峠に行ってもグロムと違って絶対的なパワー不足は感じなそうです。

またこのエンジンに対して車体は完全に勝っていて、どれだけアクセル開けても破たんしそうな気配は全くありません。昔のアルミフレームと違いダイヤモンドフレームなのですが、倒立フォークのお陰もあって剛性感が出てるのでしょうか?GT1000よりもよほど剛性感がありますが、これはDUCATIとの考え方の違いもあるのでしょう。とは言え最新の大型国産バイクに乗った事は無いので、この辺りの事はよく分かっていませんけど(笑)。

メーター周りや操作系などの目に入る部分の質感はなかなかです。それこそ同じホンダなら大型バイクと並べても遜色ないのでは?製造は日本の熊本工場だそうなので、カウルの精度もちゃんとしているのではと期待します。外国の工場で作ったバイクは、カウルの脱着もコツが必要だったりしますよね。

バイパス含めて10~15分ほどの試乗コースだったでしょうか?なかなか楽しい時間でした。もしGT1000を手放したら将来的にこれでリターンライダーもありかな?という気もします。ただポジションは身長178cmの自分には足の曲がりがちょっときつい感じだったので、アフターパーツでポジション変更出来たら嬉しいですね。

とは言え見積もり金額(車両本体・消費税・自賠責・盗難保険・延長保証・メンテナンスパック・ガラスコーティング)は乗り出し90万越えていましたから、その金額を250ccに支払うのは正直抵抗があります。今のGT1000の毎年の維持費10万円を積み立てたと思えば、数年所有したら元が取れるかもですが・・・。

CBR250RR 2017③

何にしても、ホンダの本気の一端を見た気がします。これから各メーカーが頑張ってくれて、選択肢が増えると嬉しいですね。その時はもう少し値段下がるといいな~(^O^)。

スポンサーサイト

今更リコール対策 2017.5

久しぶりに自転車じゃない話です(;^ω^)。

昨年のいつ頃だったか、グロムにリコール出ましたよね。燃料ポンプユニットの不具合でAssy交換が必要だという奴です。GT1000と同様グロムにもさっぱり乗れていなかったので放置していたのですが、重い腰を上げてバイク屋さんに行ってきました。

まずは事前に相談に行ったのですが、やはり部品は取り寄せしないと在庫は無いとの事。また1~2時間作業時間が必要との事だったので、5月半ばの平日に会社の人に迎えに来てもらってグロムを預けてきました。その際に距離は出ていないのですが、ついでにオイル交換も以来。

そして日曜日が晴れたので、ビボップで受け取りに行ってきました。自分がグロムで帰っても良かったのですが、たまにはという事でninoが乗って帰る事に。作業が終わったグロムは外見が変わる訳では無いので、何の感動もなく(笑)。オイル交換の650円だけ支払って帰路につきました。あ、自分が買ったお店ではバイク購入者はずっとオイル交換半額だそうです。

実は新型CBR250RRを見たかったのですが、残念ながら品薄でまだ展示車は入荷していないとの事でした。お値段高い割に大人気みたいですね。一度街中で黄色とグレー?の実車を見たのですがカッコよかったような気がするので、一度見に行かなくては。とか言っていたらドリーム店に試乗車があるようなので、近々行ってみよう(^O^)。

という事で特に画像も無いですが(;^ω^)無事リコール対策は終わったという事で。折角オイル交換もしたし、梅雨に入るとは言え今月は今の所連休もあるカレンダーだった気がするので、晴れたら乗ってみたい所です。

穏やかな春の日に

今日は重い話です。書こうか迷いましたが、一つの区切りがついたので書いてみます。重い話が苦手な方は、また別の記事が上げれたときに来てやってください。文章もとっちらかるかもしれませんのでご容赦ください。















今週の月曜日、kogeのよく知っている方がバイクの事故で亡くなりました。全国ニュースにもなった岡山国際サーキットでの多重事故、あの時亡くなったお二人のうちの一人でした。実はkogeがDUCATIを17年前に買ったお店の方で、この4月から代表取締役にも正式に就任されてこれから!という時期でした。まだ38歳だというのに・・・。

ずっとバイクのレースもされていて、ライディングも上手な方だったと聞いています。色んな方のSNS等でフラッグのタイミング等、問題を上げられているのもお見掛けしますが、失った命はもう帰ってきません。奥さんもまだ若く、一人娘も高校生になられてこちらも小さいころからよくお店で見かけていました。

自分は亡くなった方とはあまりゆっくりお話することも無かったのですが、もちろんお話したこともありますし自分のバイクの整備もして頂いたりもしていました。ここの先代社長ご夫婦にはkogeの結婚式に出席していただき、スピーチもお願いして快く引き受けていただきました。

男前で、バイクも上手く、若いころから工場で技術を磨き、家族も仲良く、傍から見ていたら羨ましい位でした。たまに見せてくれるちょっと照れたような笑顔も素敵でした。そんな彼の訃報を聞いたのは月曜の夜でした。

事故自体はニュースでお昼頃から知っていました。以前もサーキットで知人が亡くなった事があるので、空いた時間にはニュースチェック。今回亡くなった方かも?という思いは当初ありましたが、お店の定休日は水曜日だし彼だけは違うよね?と自分の中で整理して夕方からは会議があったのでニュースもチェックできず。

会議も終わりニュースの事も気にならなくなっていた頃、同じお店のお客さんから電話に着信が。何か仕事のお話かな?と思いながら電話を取ると、例のニュース見た?という第一声。「あ、誰かよく知っている方が亡くなったのかな?」と話を促すと、残念ながら今回亡くなった方の名前が出てきてしまいました。

亡くなるしばらく前にGT1000の処遇?で相談に行った時には、いつものように忙しくしていた彼の姿がありました。そんな彼が亡くなったというのは何だか信じられない気持ちと、バイク屋さんやご家族の心情を思うとやるせない気持ちで一杯になりました。一番好きな物で亡くなったのだから本望、とはとても思えません。これから頑張って盛り上げていこうと言うお店と、最愛のご家族を残して逝ってしまわなければならなかったのですから。

気持ちの整理がつかないまま、お通夜へ。会場にはまるで結婚式の会場のように、バイクや愛用のツナギ・ヘルメットや写真が沢山飾られていました。これだけ沢山の写真が残っていることが、ご家族や仲間に愛されていた証拠でしょうね。様々な関係の方が数百人来られた大きなお通夜でしたが、所用で最後までは参列できず会場を後に。

次の日のご葬儀には休日だったこともあり、家族で参列させていただきました。この時初めてお顔を拝見できましたが、生前と同じように男前のままで、まるで眠っているかのよう。この日はお見送りまで参列させていただくことが出来ました。最後はずっとお店にあるモンジュイのエギゾーストノートで送り出されて旅立っていかれました。

葬儀 17.4.29

お店の方はもう今日から再開されているとの事。きっと先代がまたお店を切り盛りされていくのでしょう。



公道よりもずっと安全だと言われているサーキットでも、残念ながらこのような事が起こります。誰が悪いと言えることではありませんが、若い将来有望な方が亡くなるという事は、本当にただただ残念です。自分が二十歳の頃に後輩が亡くなった事もありましたが、その頃はあまり考えなかった事が年齢を重ねてみると頭をよぎります。

自分の父親も30に届く前に亡くなっています。正直記憶が全く無いのでそれが当たり前になっていますが、高校生で父親を亡くした娘さんの気持ちや、伴侶を失った奥様の気持ちを思うと・・・。また自分より先に子供・そして跡継ぎを無くしたご両親の気持ちを思うと・・・。自分が親になって初めて思い当たる事も沢山ありますね。

ちょうど大型バイクをどうしようか考えていたkogeですが、益々複雑な気持ちになってしまいました。2つのタイヤで身体をむき出しにして走っている限り、やはりバイクは危ない乗り物です。身近な方が亡くなって、何となく怖くなったというのも今はあります。でも彼も触ってくれたであろうこのバイクを手放すのも忍びないような気持ちもありますし、それを言い訳にして手放すのも何だか違う気がします。

ただ、今はその辺りの事は置いておいて、彼のご冥福を静かに祈ろうと思います。何が言いたいか分からない文章になりましたが、これを読んでいただいたバイク乗りの方は、今一度ご自分のライディングを見直して頂いたらと思います。速く無くても遠くに行かなくても無傷で、無事に家まで帰る事がバイク乗りに求められる一番のスキルですから。


長い文書を最後まで読んでいただいてありがとうございました。

今いくら?

最近すっかり自転車ブログと化している事からお分かりのように、ここの所バイクにさっぱり乗れていません。先月久しぶりにGT1000をトリクル充電器から外し、いつもの道の駅まで100km程走った位です。今年は車検では無いとはいえ、4月になると色んな経費が掛かってきます。税金関係と保険関係位ですが、乗っても乗らなくても数万円が出ていくので馬鹿になりません。画像は以前行った一人お花見ツーリングの時の物です。

美甘宿場桜2016①

基本的に不満点は無いですし、ネオクラシックなデザインは今見てもそんなに古さは感じないと個人的には(笑)思っております。とは言えそろそろ新車時からは10年が経ちますので、いくらガレージで保管していると言っても劣化などが気になってきます。でも売ってるバイクを見てるとkogeが大学時代に売ってた20年物のバイクが良い値段で並んでいたりするので、そこまで気にする必要も無いのかな?。

ただ余りにも乗れていない現状に維持管理費用もですが、乗ってやれないバイクにも申し訳無い気がしてきます。10年物のバイクですがもし値段が付くのならこの辺りで手放して、そのお金を貯めておいて子育てが落ち着いた頃にもう少し小さいバイクを買うという選択肢も考えてしまいます。まあこの辺りは毎年考えが頭をよぎるんですけど(;´・ω・)一応これが無くなってもグロムがありますし・・・。自分の年収でバイク2台持ちなんて正直贅沢だと思いますし、これから子供にもお金が必要になって行きます。

そんな事を言いながら時間が経って行っているのですが、今回は一つの判断の基準にしてみようと思い立ち、実は先月に買い取り店を2件回ってみました。一件はCMでも有名な大手買取店で、もう一件は中古販売をメインにしているこちらも大手のバイク店です。実は今まで両方でバイクを売却したことがあったりします。暖かくなってきたので、買い取り相場も上がってくるのかな?と期待したのですが、いつの時期が一番叩く売れるんでしょうね?

まずは大手の買取店に行って査定をして貰いました。希望価格はいくらですが?と言われたので、全く想像もつかないのですが将来中型のバイクが買える位のお金になったら嬉しいな~と伝えました。ちなみに走行距離は9000キロ弱です。鍵とコピーしてきた書類を預け、20分後位に買取価格を告げられました。結果3月中に売ってくれたら55万で・・・という査定でした。中古で買ってから5年、10年落ち近い外車としてはそれなりの値段でしょうか?

とりあえず保留してお店を出て、2件目の全国大手のバイク店に行って同じように幾らくらいになるか見て欲しい、とお願いしました。しかしここでへ接客してくれた店員さんは実車も見ずに、車種を聞いてからパソコンをカタカタ。どうやら買取相場のちチェックをしていたようです。で、返事としては高くても40万ほどだという事と、その辺りの値段で良ければちゃんと査定してもいいですよ、みたいな感じ。

始めに低めに査定しておくのはセオリーなんだとは思いますが、実物も見ずに対応されたのではちょっと残念な気持ちになってしまいます(/ω\)。あまり積極的に買いたいと思う車種では無かったんだろうな~と思い、当然査定して貰う事もせずお店を後にしました。以前売却した時はこんな対応はされなかったので、担当者のせいなのでしょうか??

結局2件で査定して貰ったのですが「すぐ売ります!」と思えるほどの金額は残念ながら提示して貰えませんでした。なら幾らなら売ったのか?と言われそうですが、そこは自分でもはっきりしません。客観的に見たら手放した方が望ましいだろうな~と考えている所なので、査定額に背中を蹴られる位のインパクトが無いと売る決断は出来なかったという感じでしょうか。

その後バイクを買ったお店でも少し相談してみました。売るならもう少し高くは売れると思うけど、折角ガレージ保管で綺麗に維持しているのに勿体ないね~、みたいな話をされて帰ってきました。こちらでは買取では無く、オークションで売ってくれる感じでした。費用や手数料などのあまり突っ込んだ話はせず、飾ってあるバイクの話や世間話をしてきた感じですね。ただGT1000が欲しいと言う人がいたら連絡するよ、とは言われました。

と、いう事でGT1000は今も我が家のガレージを華やかにしてくれています。もしどうしてもこのバイクが欲しい!みたいな方がおられれば考えようかな(*'ω'*)。不人気バイクみたいだからそれはないか。カッコいいと思うんだけどな~(笑)。

2000km

インフルエンザでのアディショナル正月休み(笑)も今日で終わりのkogeです。いや~、休みが終わるとなると
残念でなりません。しかも休みとは言え家からほとんど出れないわけですから、本当に勿体ない。休むなら
病欠ではなく遊びで!がモットーの(爆)kogeとしては本当に残念な正月休みでした(/ω\)。

ただインフルエンザとはいえ薬局に行ったりと外出しなければいけない用事もあります。しかし我が家に車は
一台しかないので、必然的に外出は徒歩か自転車・バイクになってしまいます。自転車は流石にどうかと思う
ので、仕方なくグロムで近所までお出かけ。ふとメーターを見るとちょうどキリのいい数字が並んでいました。

グロム2000km

表題の通り2000kmです。よく見ると埃だらけですが・・・( ̄▽ ̄;)。しかし来月末で丸2年になると言うのに、
走行距離年に1000km程とは・・・。やはり車・ランニング・大型バイク・原Ⅱ・ロードバイクという組合わせを
回すのは、週休一日のkogeでは厳しいみたいですね。バイクは乗らなければどんどん傷んでいきますし、
ランニングはやロードバイクはサボると走れなくなるし・・・。

子供にこれからはお金も掛かっていく時期ですし、やはりバイク2台は今のところ厳しい気がします。でも
大型は手放すともう買えないという厳然たる事実はあるので悩みますが、安月給がこれから先も上がる
可能性は少なそうですし・・・。値段が付くうちに手放すというのも、現実的な選択肢ではあるんですよね。

と思いながらふと立読みしたライダースクラブに新しいCBR250の他社の250ccスポーツバイクとの比較
が載っていたのですが、今どきの250ccスポーツバイクってもう60万位の値段が付いているんですね!
ninja250が出た当初の50万を切る価格のイメージでいたのでびっくりしてしまいました。内容からすれば
妥当な金額なのかもしれませんが(詳しい内容は知りません)、これでは仮にGT1000を売却したお金を
将来リターンする為に残しておいても、新車の250ccも買えないかもしれませんね(´Д⊂ヽ。

そんなこんなで、インフルエンザのせいで暇なせいで色々考えてしまう2017年のはじまりでした。まあ
まだ1年半車検も残っているのですぐに結論出す必要も無いのですが、悩み多い40代です。昔の偉い
人は40にして惑わず、とか言ってなかったか???

このカテゴリーに該当する記事はありません。