kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

紅葉ポタ 17.11.26

何だかすっかり秋を飛ばして冬になってしまったような気候ですね。今日から数日は暖かいらしいのですが、それを過ぎるとまた冬の寒さが・・・ってよく考えたらもう12月に入るし仕方ないんですかね?ただ今年は紅葉を見に行ってないな~という事で、昨日自転車で出かけてきました。

当初は紅葉の名所という噂の(行った事無いんです)宝福寺へ吉備路自転車道を利用して行ってみようと思ったのですが、何だかんだで家を出たのが11時過ぎ。一人なら余裕で間になったと思いますが、この日は家族で出かけたので暗くなるまでに帰れるか微妙な所。しかも途中お昼を食べた後自分のおなかの調子が急激に悪くなり、かなり無駄な時間を過ごしてしまいましたので、備中国分寺で引き返すことにしました。

それでも往復40kmを走って帰宅したのは16時ごろだったので、切り上げたのは間違いではなかったかと。紅葉の名所を走ったわけではありませんが、意地になって(笑)色づいている木を見つけて写真を撮ってみました。

紅葉ポタ 17.11.26①

紅葉ポタ 17.11.26②

紅葉ポタ 17.11.26③

紅葉ポタ 17.11.26④

紅葉ポタ 17.11.26⑤

紅葉ポタ 17.11.26⑥

うーん、いつもならもう少しスマホのカメラでも綺麗に撮れるのですが、光が不足しているのか葉っぱを描写するのが不得手なのか、何だか塗りつぶしたような抑揚のない写真になっちゃってますね。もう少し天気良ければ良かったのかもですが、今度はコンデジをジャージのポケットに入れていこうかな??

今回残念だったのは久しぶり過ぎてサイコンとスマホの連携のやり方忘れて、いつものアプリに記録が残せなかった事とケイデンスを表示できなかった事。途中であきらめてストラバに記録したのですが、折角サイコン買ったんだからケイデンスは表示させたい所です。

説明書とか何処にやったか忘れたので(笑)また落ち着いてwebの説明書でも見ながら設定やり直してみましょう。

スポンサーサイト

おかやまマラソン2017 応援ポタ

昨日は第3回おかやまマラソンが開催されました。これまで毎年出場(1年目はファンラン、2年目はフル)していたのですが、今年は秋に激務が入るのが分かっていたので申し込みしていませんでした。代わりに?ninoが出るというので父子で応援に行く事にして、ロードバイクを引っ張り出しました。

今まで最長7kmしか走っていない!というので10kmの関門で足切りもありうる・・・と思いとりあえず2km地点で待機です。ここではまだ集団がばらけていないので、16000人が目の前を通り過ぎていきます。

おかやまマラソン2017①

お陰で何処を走っているかさっぱり分からず(;^ω^)。こちらが自転車のヘルメットを被っているので向こうが認識して声かけてきたので分かりましたが、こりゃあ探すのも大変だわ。ninoが通り過ぎた後もしばらく眺めていると、市長や県知事・千鳥の大吾や小島よしおも通り過ぎていきました。

その後約束していた7km地点へ移動したのですが、子供同伴なのに2km地点でのんびりし過ぎたので、既に通り過ぎたっぽい・・・。更に走ってみるのですが、どのあたりにいるか分からないので見つけられず。結局ビボップの面倒見て貰っている車屋さんがある13km辺り?で見つけることが出来ました。

その後も少しずつ先回りしていくのですが、反対車線をランナーが走っているので今度は向こうがこちらに気づかず。しばらく行くと沿道も交通規制で進めなくなり、ここまでは来れないかも?と思いながら中間点で待機する事に。待機時間は一時間近くになる事が予想され子供は飽きてうんざりしていましたが、ランナーに声援送るのもなかなか面白い。特徴あるランナーは呼んであげると喜んでくれますしね。

その後どうにか中間点まで来たninoに出会い、この時点絵お昼になったので昼食タイム。さっさと済まそうとオニギリ屋?に入ったのですが、これが大失敗でうどん定食なのに出てくるのに20分以上待たされ、通過できるか微妙な30km地点の足切りポイントへ行くのは微妙な時間になってしまいました。色々考えた結果30km地点は諦め、次の35km地点の足切りポイントへ先回り。ここではだいぶ人もばらけていたので、知り合いにも数人見つけられましたが、肝心のninoは30km地点で1分足らずで足切りになってしまいました。

仕方ないので向こうは収容バスに任せ、こちらは撤収。今回は残念ながら完走なりませんでしたが、ろくに距離走っていない割に30kmも走れたのは、おかやまマラソンの沿道の人たちに力を貰ったからですよね。過去2回マラソン100選に選ばれているので、今回もそうなると嬉しいなあ。何にしてもninoもよく頑張りました。

その後自転車組は無事帰宅。ninoは電車で帰ってくる予定が、足が痛くて動けないと車で迎えに行くおまけつきでした(^▽^;)。着替えでコンプレッションタイツを脱いだのが敗因ですな(笑)。ちなみに自転車組の走行記録は・・・

おかやまマラソン2017②

40km弱の走行距離でした。やはり子供と走ると平均15km位が限界みたいです。またどこかへポタリングに行くときには、これをベースに走行計画を立てないといけませんね。

お盆休みポタ2017  小豆島南コース③

小豆島ポタシリーズも最終回です。とは言え今日はほとんど写真がありません(^▽^;)。

道の駅からは反対側に二十四の瞳分教場がある半島が見えます。そこまで10kmちょっとですが、アップダウンがそれなりにあります。この頃には少し曇ってきたので、比較的楽になってきましたがそれでも蒸し暑さはかなりの物でした。とりあえず子供のペースに合わせて進んで、どうにか映画村に到着。

小豆島2017⑮

ボンネットバスが無料で分教場~映画村へと走っていました。映画村は案外入場料もお高く、映画を見ていない我が家は興味も無いのでスルー(;^ω^)。向かいにある売店でまたまたソフトクリームを買って休憩して、する事も無いので復路につきます。天気は下り坂を辿り、途中雨もポツポツしてきたり。ちなみにバスの後ろに写っている樽は醤油づくりの物で、こんなになっても醤油のにおいがします。

小豆島2017⑯

確かこの画像の左が映画村、右がオリーブ園辺りです。自転車で疲れても渡し船でショートカット出来るみたい。帰路では醤油工場見学に行ったりもしましたが、自転車なのでお土産も買えず・・・ただ来た道を帰ります。

小豆島2017⑱

交差点に可愛いカエルの団体さんが飾ってありました。こういう可愛い物は好きだったりします(^O^)。地引網でも引っ張っているのでしょうか?

その後もゆっくりと走り、15時過ぎにスタート地点の土庄港前のホテルに到着。自転車を部屋に入れられるとHPには書いてあったのですが、和室だからかサイクルステーションに置いておくように言われました。監視カメラも付いているし、18時には施錠するので安心かな?早速温泉につかって休憩の後、晩御飯。我が家にしては珍しく1泊2食付きです(*''▽'')。

小豆島2017⑰

ご飯の内容は・・・まあ至って普通です(笑)。凝ったものを食べるならやはり素泊まりで外食が良いかも。大した距離は走っていないのですが、暑さにやられて疲れたので早々に就寝です。

翌日は雨予報だったので、バス&ロープウェイで寒霞渓へ。ただガスがかかっていて眺望は全く開けず、ただただ行ってみただけでした。雨は降っていませんでしたが天気も悪かったからか、寒霞渓では自転車もバイクも見かけませんでした。

寒霞渓から土庄港へ帰ってきたのは12時過ぎ。天気が崩れないうちにフェリーに乗って岡山に帰ってきて今回の旅は終了です。今回走ってみて、まだ小豆島は自転車では走りにくい印象でした。路肩は狭いし、車道を走る自転車への理解も低い感じがします。まあしまなみ海道を基準に判断しているので、採点は厳しめですけど・・・。

小さい子供と自転車で走るには、アップダウンが多いので大変でした。大人でヒルクライムが好きな人には走りがいのある島だと思います。個人的にはもう少し自転車向けの整備がされると嬉しいかな?せめて路肩や歩道の積もっている砂は綺麗にしておいて欲しいです。

とは言え小豆島は岡山からも高松からも姫路からもフェリーが出ていた筈なので、広域から行きやすい島だと思います。自転車乗りの方は、もう少し涼しくなったら行ってみてください。寒霞渓の紅葉は見事だとか。そうそう、電動バイクの旅で出川さんも走っているそうですよ。

お盆休みポタ2017  小豆島南コース②


小豆島ポタその②です。あ、ちなみに小豆島は「こまめじま」でも「あずきじま」でもなく「しょうどしま」ですよ(笑)。

20861517_1256095557852855_8358942139225987184_o

フェリーから見えていた小豆島です。いや~、朝は良すぎる位いい天気でした。とりあえず荷物を置くために。港の傍にある宿泊予定のホテルへ行きました。

20785932_1256096121186132_3279181427654758147_o

外壁工事中ですが、サイクルステーション入り口です。ちゃんとスロープになっていて、自転車入れるのも楽々です。

20900725_1256095951186149_8093021604753563348_o

20819234_1256096077852803_3823817294499133041_o

内部はこんな感じ。エアコン効いていますしソファーやごろ寝できるスペース?もあります。コインロッカーもありますので荷物を預けてライドにも行けますし、ホテルの温泉への日帰り入浴も別料金ですが可能です。ポンプや工具も無料で借りられるので、スキルのある方は整備も出来ますね。

20786126_1256095994519478_1310990069446198980_o

20785726_1256096037852807_7407491693460058225_o

タイヤやチューブなどの小物も売っているので、途中パンクしても仲間が買いにくれば最悪の途中リタイヤは避けられます。ていうか予備チューブ買い忘れていたら、ここで大人しく買っておくのが吉かと。うちも空気圧をチェックして出発。ただ我が家のポンプと空気圧の表示が明らかに違うような・・・うちの壊れてる!?

小豆島はヒルクライム好きにはたまらない寒霞渓という景勝地があります。ここを目指して4本の道があり、何処を登ってもかなりしんどいそう。ただうちはポタリングなので、南の海岸線を二十四の瞳映画村へ走り、戻ってくるコースを取ります。このコースが一番起伏が少な目です。

20785859_1256095641186180_4121864191719698972_o

ここは用水路のように見えますが、ギネスブック認定の世界で一番狭い海峡です。小豆島は一つの大きな島に見えますが、実は2つの島から出来ています。普通に走ってたら気づきませんけどね(*´з`)。ここの傍にある役場に立ち寄ると世界一狭い海峡に関する認定証が貰えますが、とにかく走りたい子供に却下されて先を急ぎます(;^ω^)。

起伏が少ないとはいえ、それなりのアップダウンが海岸線にもあるのが小豆島。100mをこえる標高差がある場所もあり、子供は途中歩道の砂にタイヤを取られて転んだり(/ω\)。車体・身体にもダメージは少なかったようで、何事も無かったように先へと走ります。この海沿いの道には新しいオリーブ関係のお店も出来ていたりと、のんびりポタリングするにはいい感じです。

そのうちお昼近くなってきたので、道の駅の麓?にある素麺屋さんでお昼ご飯にします。ここはメニューが一種類しかないようで、お店に入ると(と言っても屋外です)人数だけ聞かれて、その後素麺が出てきました。

20785680_1256095671186177_8422155922623336803_o

個人的には素麺はそんなに好きでは無いのですが、ここの素麺はコシがあって美味しい!!コシがあるという表現が素麺に当てはまるのか分かりませんが、食べ応えがあります。素麺の長さもイメージよりは短めでしたが、何だか生まれて初めて?素麺が美味しいと思えました。

確か一人前650円程だったと思いますが、お会計の時にお土産に素麺をくれるのでお得感がありました。道の駅オリーブ公園の坂を登り始めてすぐの所にありますので、興味のある方は行ってみてください。お店の名前は忘れちゃいました(爆)。

昼食の後は道の駅に立ち寄り再び休憩。

20863540_1256095727852838_3106283029650178829_o

ここでオリーブソフトなるものを買ったのですが、普段ソフトクリームには見向きもしない子供がお代わりをねだる程食いついてました。あまり食べるとお腹を壊しそうなので却下しましたが、暑い中自転車漕いできたので、余計美味しく感じたのかもしれません。

このオリーブ園までで、往路の行程は残り半分ほどになりました。もうちょっとだけ書くことが残っているので、またまた次回に続きます。

お盆休みポタ2017  小豆島南コース①

お盆も終わってまだまだ暑いですが、ピークは過ぎた気がしていますがどうでしょう?来月になって台風が一つ過ぎればもう一段涼しくなってくれると期待しています。ただ最近は災害が怖いので程ほどにして欲しいものです。

さて、今年のお盆休みは子供の自転車を買った為お金も無く、特に出かけるつもりはありませんでした。ただ折角自転車も買ったし今年のシルバーウイークは仕事が忙しくて休めそうも無いので、急遽何処かに出かけようという事になりました。色々候補も考えましたが、移動が楽な小豆島に行ってみる事に一週間前に急遽決定。

小豆島は春頃のサイクル雑誌に載っていたし土庄港そばにサイクルステーションも出来たというので、自転車に優しい島になったのかな?という期待もありました。どうせ行くなら泊りで行こうと思って宿を探したのですが、直前なのでなかなか空いていません。とりあえず取れた宿もあったのですが、自転車を中に入れちゃダメと言われて断念。ロード3台屋外に停めて一晩なんて・・・ねえ( ゚Д゚)。

その後ネットで探していたのですが、先ほど言ったサイクルステーションを整備しているオーキドホテルが空いていたので、1泊2食で予約しました。自宅から新岡山港まで10km程なので、自走で往復するつもりでした。ところが事前に走った感じでは子供が思いの他距離を走れないのと、天気予報が微妙なので新岡山港まで車で行く事に。

ただビボップに3台積載はムリだろうな~と思い、自分だけ自走で行って家族の自転車だけ車載していくつもりで前日の準備開始。車載の時にダメ元で3台積んでみたら、かなりタイトですが何とか3台載りました!

小豆島2017⑪

小豆島2017⑩

一見余裕があるように見えますが、ここに3台分のホイールが入るのでかなりいっぱいいっぱいです(;^ω^)。子供の自転車が24インチじゃなかったら載らなかった気がします。それぞれのヘルメットや荷物は膝の上や足元に置いて出発。車で20分程だったので、狭くても苦にならず港に到着です。ただビボップも頭上空間はもう少し余裕があるので、ここをどうにか有効活用できるようにしたい。9月に車検なので車屋さんで聞いてみても良いけど、期待薄かな???

その後フェリーチケッをト買って、無事に乗船。自転車と大人で1300円位だったでしょうか?ただ自転車の固定はひも一本とかなり簡易。帰りはもう少しちゃんと固定してくれたので、車や自転車が多く固定具が足りなくなったのかも。船員さんが横着した可能性も否定来ませんが(爆)。

小豆島2017⑤

小豆島2017②

次の日からの雨予報が嘘のようにいい天気です。船の旅は70分程で、定刻に土庄港に到着しました。ここから小豆島ポタリングが始まりますが、ちょっと長くなりそうなので次回に続きます。

このカテゴリーに該当する記事はありません。