kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

しまなみ海道への旅 2017.5① うさぎ島へ

今回のGWは試走?にまで行ったしまなみ海道自転車の旅、ついに決行です!尾道で子供の自転車を借りる計画だったのですが、2か月前から予約できるジャイアントストア尾道は、2ヶ月前を2日過ぎて電話すると既にもう借りれる自転車は無いとのこと( ゚Д゚)。市営のレンタサイクルも既に一杯(´・ω・)。

それから色々調べて考えた結果まずは一気に車で今治まで移動して、空きがあった今治のジャイアントストアで子供の自転車をレンタルした後今治で一泊。次の日の朝サイクルエクスプレスと言う、前輪外したら自転車をそのまま積んでくれる高速乗り合いバスに乗り、試走で走った因島の重井まで移動。そこから今治まで自転車で戻ってきて車で自宅まで帰ると言う、少々変則的な行程にしました。

本当は自分は尾道から今治まで一気に走って家族と別行動も考えましたが、合流のタイミングが読めないので今回は3人で一緒に走る事にしました。我が家からは近いですから、また機会もあるでしょう。

当日は朝6時半に自宅を出発。まずはうさぎ島として有名な大久野島を目指します。本州からと大三島からの2つのルートがありますが、島内は車では走れないので大三島へ車を置いてフェリーで向かう事にしました。GWとは言え山陽道なんてスイスイだろ?と余裕かましてたら数か所で渋滞に会い、大三島の盛(さかり)港に着いたのは思ったよりもギリギリでした( ̄▽ ̄;)。

この日は沢山の乗客がいて、フェリーは朝9時の便で既に10分遅れ。15分ほどの船旅で噂の?うさぎ島へ到着!島には休暇村周辺しかめぼしい施設も無いので、無料のシャトルバスで1km程先の休暇村を目指します。約700羽の野生のうさぎがいるので、港でも既に沢山のうさぎを目にすることが出来ます。

のどかに見えるこの島も、戦争終わるまでは毒ガスを製造する基地だった歴史があります。当時は軍事機密だったので、地図から存在も消されていたそうです。うさぎはそれとは関係なく、学校で飼われていた8匹を放した事で増えていったとの事。天敵がいなかったのでしょうか?温暖な瀬戸内だったから良かったのかもしれませんね(*'ω'*)。

休暇村に着くと、他の方は持参した餌をうさぎにあげています。この日は暑かったのでうさぎは日陰でだらっとしています。そもそもうさぎは夜行性だったような気もしますがどうだったかな?ところでこの島の中では餌は売っていないので注意が必要です。koge達は持参していなかったのですが、ネイチャーセンターの職員の方にあげても良い葉っぱを教えて貰いました。

キャベツやニンジンは食べ飽きているのか、結構食べてくれました(^O^)。今回は朝一の便で行ったのですが、遅い便で行くとうさぎもおなか一杯になって食べれなくなるかも?っていう位皆さん餌を持って行ってました。中にはキャベツ10玉とか持って行ってる人もいましたが、あれ本当にうさぎの餌なのかな??ちょっとだけ写真撮ったので並べてみます。

うさぎ島①

うさぎ島②

うさぎ島③

結局2時間ほど滞在して大三島へ戻る事にしました。ただGWでお客さんが大量にいたせいで、フェリーが大幅に遅れてしまい40分位港で待たされてしまいました。普段は停船時間を5分しかみてないそうで、そりゃ遅れますよね。繁忙期に行かれる方は時間に余裕を持たれる事をお勧めします。

お陰で海をぼーっと眺める時間が出来ましたが、しまなみ海道の海ってかなり綺麗ですよね。エメラルドグリーンに輝いている所も沢山あり、kogeの住んでいる辺りとは大違い。同じ瀬戸内海で100kmも離れていないのに、どうしてこんなに違うのでしょう?宝くじ当たったらこの辺りに土地買って流行らないカフェでもしようかな~(笑)。

うさぎ島④

うさぎ島⑤

この後車で今治まで向かいますが、長くなったので次に続きます。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。