kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

S660コンセプト

久しぶりに2日連続投稿です。既に昨日の発表で新鮮味が無いですが、ホンダがビートの後継ともいえる
車を東京モーターショーで発表しますね。


【東京モーターショー13】ホンダ、1962年出品の軽スポーツを復元2013年10月23日(水) 11時30分

ホンダは10月23日、東京モーターショー2013への出展概要を発表した。4輪車では軽自動車のスポーツカーなど3モデルが世界初公開(ワールドプレミア)となる。注目の軽スポーツは、「2014年末から15年初めごろに発売の予定」(広報部)という。

この軽スポーツは、オープン2シーターの『S660コンセプト』。伊東孝紳社長が12年9月に、14年の市販を表明していたモデル。ホンダの軽スポーツとしては1991年から96年に販売された『ビート』以来となる。ホンダは1962年の全日本自動車ショー(東京モーターショーの前身)に、4輪車事業への進出を企図し、当時の軽自動車規格に沿った試作モデル『スポーツ360』を出品したことがある。このモデルは商品化されなかったが、今回その復元モデルも東京モーターショーに出品する。

このほかのワールドプレミアは、モーターショー・プレスデーの11月20日に発表する新型軽自動車の『N-WGN』と今年12月に発表予定の『URBAN SUVコンセプト』。URBAN SUVは新型フィットと同じプラットフォームの派生モデルとなる。このほか、日本初公開としてハイブリッドスポーツになる次期『NSX』のコンセプトも出展される。

《池原照雄》


s660コンセプト

今時の車な感じですね。市販の際には変更もあるでしょうが、単純にカッコイイんじゃないでしょうか。
ビートの頃よりも大きくなったボディで、あの軽快感と高揚感が何処まで出るのかが気になります。元
コペンオーナーとしてはかなり気になる車ですね~。

勿論初代ビートとは全く別物だとは理解していますが、コペンのすこしゆるい?感じと違う、HONDA
ならではの乗り味に期待してしまいます。これが発売になる頃には軽の税金も高くなっているかもですが
街中や少しのドライブに気持ち良い乗り味になっていれば、バイク売って買っちゃうかも(爆)。

でもこれに対抗してダイハツもコペンの後継を出す可能性も残っていますよね?そうなるとオープンカー
選択の巾がぐっと広がっちゃいます。買える買えないは別としても、楽しみが広がりますね。出来れば
やはり5or6MTを設定して欲しいところ。欲を言えばATよりも安くwww。

問題は価格ですね。今時の軽はコンパクトカーよりもはるかに高額になる傾向があるので、国内産業の
空洞化等の問題は残りますが、海外生産や部品調達などでコストを抑えて、素のグレードで150・・・いや
160万台で発売して欲しいです。これより高くなると、ロードスター等の中古の方が維持費を考えても
安くなっちゃいますからね。でも軽のエンジンを使い切る感は好きなんですよね。

とりあえず2年後までにあぶく銭でも入らないかな(爆)。とりあえずは試乗には絶対行こう。ホンダに
知り合いいないかな~(笑)。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/1037-405a9c87
該当の記事は見つかりませんでした。