kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コペン・フューチャー・インクルーデッド

今年は東京モーターショーがあるみたいですね。行ってみたいのはやまやまですが、やっぱり遠い・・・。
せめて大阪で同規模のショーをやってくれれば行くのですが、流石に無理な相談ですからね~(^_^;)。
そんなモーターショーで、ビートの後継?に続きコペンの後継も出てくるみたいです。


ダイハツ、コペンのコンセプトカーを披露

 ダイハツの軽オープン2シータースポーツ“コペン”が復活か? ダイハツは30日、東京モーターショー2013(11月23日より一般公開)への出展を予定している参考出品車の概要を発表。そのなかにコペンの次期モデルを示唆するモデルも含まれているのだ。

 このたびダイハツが発表した“コペン・フューチャー・インクルーデッド”は、オープン2シータースポーツのコンセプトモデルだ。車名の英語表記は、2002年から2012年まで生産されたCopenに対し、コンセプトカーは“Kopen”とするなど区別しているが、いずれにしてもコンセプトカーが、次期コペンの登場を予告するものであることは間違いない。

 なおコンセプトカーは、外板パネルを取り外しして、異なる意匠にできるという新しい試みが見られる。これが市販モデルに反映されるのか。そもそも次期コペンはいつ発売されるのか。興味はつきない。

 なお今回のモーターショーは、ホンダも同様の軽オープンカー“S660コンセプト”を出展することを予告。コペン不在のいま、S660が発売されれば、軽オープン市場のユーザーをまるまるホンダで明け渡してしまうことになりかねない。今後の動向から目が離せない。


こうなると自動車業界も盛り返して来たのかな?と感じますね。燃費を重視した車ばかりではなく、遊び
車が増えるのは嬉しい事です。こちらも試乗車が出れば乗ってみたい所です。問題は軽自動車の増税かな?
増税が普通車と同程度までとなれば、軽でこういう車出すメリット無くなってしまいますからね。

スタイルはホンダの方が好みですが、実車が出る頃にどうなっているか・・・。楽しみですね。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/1043-e27d0871
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。