kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

自転車は歩道以外、左側

いよいよ今日から師走!今年は前厄でしたが、振り返ってみると色々悪いことがあった気がします・・・。
来年は本厄なので厄払いにいっとかないとな~(^_^;)。来年はいい年でありますようにm(_ _)m。

さて、今日から道交法が改正されるようです。危険運転のどーこーもあるようですが、一般の人たちに
一番関係あるのは自転車関係の改正ではないでしょうか。その中でも一番大きいのは、自転車は左側を
通行するのが明文化されたことだと思います。



<改正道交法>12月1日、施行 自転車は歩道以外、左側

毎日新聞 11月30日(土)17時22分配信


 ◇事故防止期待 違反には罰則

 改正道路交通法が12月1日から一部施行され、自転車の路側帯通行は左側に限られる。違反した場合の罰則は「懲役3カ月以下または罰金5万円以下」。自転車同士の衝突など事故の減少が期待されるが、ルールの周知が課題で、九州・山口でも県警がチラシを配るなどして順守を呼びかけている。【福永方人、野呂賢治、田中理知】

【あなたの愛車、大丈夫?】窃盗 狙われる高級自転車 対策にあの手この手

 「歩道以外は自転車は左側通行と覚えてもらうといいと思います」。11月27日、福岡県筑紫野市の市シルバー人材センターで開かれた交通安全講習会。福岡県警交通企画課の担当者が改正道交法について説明すると、参加したお年寄り約40人は「あー、なるほどねぇ」とようやく納得したようにうなずいた。

 参加者は前方の画面を見ながらペダルをこいで疑似走行できるシミュレーターでルールやマナーを学んだ。同市筑紫駅前通の岩本俊治さん(65)は「自転車で左側の路側帯を走っていると、正面から自転車で猛スピードで走ってくる中高生らが多くて怖い。法改正でそういう若者が減れば、自転車事故も減少するのではないか」と話した。

 路側帯は、主にセンターラインや歩道がない幅5・5メートル未満の生活道路に設けられている。幅75センチ前後と狭く、自転車が双方向で走ると正面衝突や接触の危険性がある。国土交通省などによると、昨年の自転車が絡む死傷事故の64%が生活道路で起きた。福岡県警の調べでは、県内では今年、自転車が絡む事故は10月末現在で5639件発生し、うち約3割の1703件が生活道路だった。

 現行の道交法は「(自転車は)著しく歩行者の通行を妨げる場合などを除き通行できる」と規定。左右どちらを走行するかは定めていなかったため、改正道交法で「左側に限る」とし罰則を設けた。

 だが、改正道交法の周知は十分とは言えない。福岡県警は11月から各地で街頭キャンペーンをしているが、28日に福岡市早良区で啓発チラシを受け取った高校1年の男子生徒(15)は「自転車で通学しているが、12月から法律が変わることは知らなかった。友達にも教えたい」と話した。大分県警も来月2日に大分市内の中学、高校がある地区でチラシを配布する。

 今回の改正道交法施行では、ブレーキがない自転車や、無免許運転を助長する行為も新たに規制される。

………………………………………………………………………………………………………

 ◇改正道交法の新規定と違反時の罰則

 ※12月1日施行分

▼自転車の路側帯での左側通行

(懲役3カ月以下または罰金5万円以下)

▼ブレーキがない自転車の運転禁止命令

(罰金5万円以下)

▼無免許の人に車を提供する行為の禁止

(懲役3年以下または罰金50万円以下)

▼無免許の人の車に同乗する行為の禁止

(懲役2年以下または罰金30万円以下)



最近は自転車は車道を走れる!という側面だけがクローズアップされていたせいで、車道を逆走する
自転車が一気に増えたと思います。しかもロードバイクに乗ってヘルメット・ウェアも完璧に決めて
いるような自転車まで。単純にこれは危険以外何者でもありません。

車なら逆走している時点で事故の過失割合は100-0ですよ?今まで自転車は法律の隙間をうまいこと
くぐり抜けていましたが、これからはこういう基本的な所は守って欲しいです。各種学校や町内会で
自転車教育を今一度徹底的に行ってもらいたいです。

勿論自分が乗る時も気を付けないと。信号わたって左側100mの所に目的のコンビニや銀行があっても
これからは押して歩かないといけません。もしくは左側通行できる信号渡るかですよね。警察もしょー
もない一時停止とか取り締まる前に、こういう自転車を徹底的にやってほしいものです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/1065-53c3f17c
該当の記事は見つかりませんでした。