kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

倉敷科学センター

この間の日曜、台風のせいで大変だった地域も多かったみたいですね。当初の進路図では直撃予定だったの
ですが、四国山地の守り?のお蔭で今回もkogeの近所の辺りは被害を受けずに済みました。ただし今、仕事の
現場が海辺にあったので心配になり、午前中見に行ってましたが、こちらも大したことなくて良かったです。

その後折角遠出したので、何か恐竜の展示をしているという倉敷科学センターに行ってきました。kogeもここは
行った事無かったのですが、現場から20分程の距離だったのでラッキーでした。到着した頃には台風の影響は
ほぼ感じさせない天候になっていました。でも警報が出ていたせいか駐車場はガラガラ。

倉敷科学センター14.8.10①

入場料払って(颯真は無料でした)入ってみると、入口の所の小さな部屋に恐竜の特別展が。しかしこじんまり
していて正直イマイチ。ただビビりの颯真は「本物?」とか聞いてましたが(笑)。

倉敷科学センター14.8.10②

倉敷科学センター14.8.10③

あっという間に終わったので常設展の方に行きましたが、こちらは岡山と言う田舎にあるとは思えないような、
なかなかの充実ぶり。颯真はまだ分からない事が多かったですが、小学校に入ればもっと面白く感じられそう
な展示がいっぱい。体験型の実験施設みたいな感じで、大人でも楽しめる作りになっています。2階の宇宙に
関する展示は映像見るのがメインだったので颯真には早かった感じですが、また来てみてもいいですね。

倉敷科学センター14.8.10④

倉敷科学センター14.8.10⑤

倉敷科学センター14.8.10⑥

倉敷科学センター14.8.10⑦

倉敷科学センター14.8.10⑧

アルキメデスのポンプやジャイロ効果の実験、慣性や音の速度・ドップラー効果の体験や、赤外線カメラにより
真っ暗な空間が撮影できる実証。懐かしの電流イライラ棒まで、大人も楽しく過ごすことが出来ました。

小さいお子さんがおられる方なら楽しく科学に興味を持たせることが出来ると思います。でんじろう先生がTVで
やってた事の延長みたいな感じです。そういえば最近あまりあの人見ないな~(-_-;)。さっきも書きましたがこの
ような施設がこんな田舎にあるとは、ちょっとびっくりでした。お役所もたまにはいい物作るやん。

今度はここで少ンボリーしてもいいかな~。来月はルノー岡山の恒例のイベントもあるみたいなので、そこに
誰か来られるかな?ちなみにその日はkogeの誕生日なのでプレゼントも受け付けますよ(爆)。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/1151-5bce1a63
該当の記事は見つかりませんでした。