kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タケガワ マグネットドレンボルト

最近の小排気量バイクは生産コストを抑えるために、東南アジアで作られている事が増えてきました。GROMは
タイで作られていますし、カブも中国で作られています。そのお蔭で最近の250ccは50万程の値段で買えますし、
GROMもAPE110より安かったりします。

ただその為か作りに荒い部分が見受けられます。ウインカーのプラスチックやゴム等の材質も国産のバイクとは
違う質感です。そういった外装的な所はまあ問題ないのですが、webで見ているとエンジンの作りも荒い?のか
オイル交換の時に結構な鉄粉や液体ガスケットの欠片?までが出てくるみたいです。オイルの乳化現象とかも
あるみたいですし、やはり生産国に合った作りがされないといけないんですかね?

まあカブ系エンジンですし少々の事では何とも無いでしょうが、オイルフィルターも無いので異物がそのまま残り
エンジンの中を回っている事になります。気分的にあまり良くないので少しでも対策できればと思い、こんな物を
amazonで買ってみました。

タケガワ マグネットドレンボルト

タケガワのマグネット付きドレンボルトです。勿論ガスケット片や乳化したオイルには効果がありませんが、金属
粉には効果があるかと。現段階でミッションの入りが少し渋いので、国内生産のバイクよりは削れる金属も多い
んじゃないかと勝手に思っています。まあそれでもドカと比べれば大した事ないですし、ニュートラルが渋くても
入れる方法も経験で分かっているので、経験はしとく物でしょうかね(笑)。

とりあえずは自分でオイル交換するつもりもないので(爆)500kmに自分の中で設定している慣らしが終わったら
バイク屋さんで付け替えてもらいましょう。車体に合わせて赤色のボルトにしたので、自分でオイル交換しようと
思った時も間違える確率減るでしょうからね(^O^)。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/1218-1126e383
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。