kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い取り価格値下げ

とは言え車やバイクの話では無く、太陽光発電の話です。先日こんなニュースが出ていて、見られた方も
多いのではないでしょうか?

太陽光価格、2割超下げ=国民負担減、19年度に―経産省

時事通信 4月2日(土)12時27分配信

 経済産業省は2日、企業や家庭がつくった太陽光発電の買い取り価格について、2019年度に現行から
2割超引き下げる方針を固めた。

 国の制度に基づく買い取り価格が高めに設定されており、国民負担が大きくなっていると判断、是正を
急ぐことにした。

 出力10キロワット以上の設備を持つ企業などからの買い取りは16年度の1キロワット時当たり24円から
毎年2円程度下げ、19年度に17~18円程度にする。家庭からの買い取りも、16年度の31~33円から19年
度に24円程度に引き下げる


簡単に言うと、太陽光発電は各電力会社に発電した電力を買い取って貰って利益を出しています。勿論
買い取り価格が高いほど儲かる訳ですが、当初は1kwあたり49円と言うかなり高い価格で設定されており
各家庭に太陽光発電が普及する一助となりました。

それを1kwあたり24円程度ですから、約半分の価格です。とは言え今までも年々買い取り価格は下がって
いましたし、それに合わせて設備の価格も右肩下がりになってきており、元々シャープや京セラ等の国産
パネルが主流だったのが、現在は海外のパネルがかなり増えています。色々言われているシャープには
今となってはこの太陽光事業はかなりの負担となっている事が想像できます。合併先はこの事業を切る
つもりでいるようですし。

ただここまで値段が下がると、正直太陽光ビジネスは成り立って行かないのではと思います。ビジネス用
太陽光発電は勿論ですが、家庭に設置している物も同様になるのではないでしょうか?単純に今迄通り
利回り出そうと思えば、更に初期投資費用を2割引き下げないと駄目ですからね。

ハウスメーカーの中には太陽光発電でローンを払う、みたいな商品を盛んに販売している会社もあります。
これにもかなりの影響が出そうな気がします。勿論現在導入している場合は10年or20年の固定買い取り
制度が適用されていると思うので関係ないでしょうが、今後の購買意欲は減退しそうです。

ちなみに我が家は1kwあたり42円で買い取りして貰っています。10年かからずに元が取れる予定なので
まあ損はしない筈です。ただシャープ製なので、延長保証に入っていますが今後それを反故にされそうで
心配はしています(笑)。ただ元を取った後の利回りは当初よりかなり厳しくなるでしょうね。でもパネルを
乗せたお蔭で明らかに真夏の2階の温度は低くなったので電気代も安くなっている筈です。

そんなこんなで今後太陽光等を導入しようと思われる方は、注意が必要です。買い取り価格が大幅に
下がる前に導入するか、買い取り価格と共に下がるであろう導入費用が安くなっていってみるか・・・。
どちらにしてもお天気の事ですし、ある意味ギャンブルだと思います。相場に手を出すのに近い感覚
かもしれません。我が家の場合も天候によって年間発電量はかなり違いますからね。

しかし先日書いた原付の税金と言いこの太陽光の買い取り価格、そして消費税やその他の費用。
やはり我々の生活は国の政策によってかなり左右されてしまいます。後出しジャンケンで負担が
増えるような事だけは勘弁して欲しいですね。

太陽光パネル14.8.16①

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/1317-860ccb2f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。