kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

しまなみ海道計画⑥ 現地でリハーサル?vol.1

春分の日を迎えて、やっと本格的に暖かくなってきた感じがしますね。もうじき桜の便りも聞こえてきそうです。

そんな暖かい中、我が家は昨日ついにしまなみ海道へ行ってきました。とは言っても日帰りの予定なので、走破という訳にはいきません。当初立てた計画としては向島の市民センターで子供の自転車をレンタル(尾道と違いここは駐車場代無料です)。自転車お守りで有名な大山神社へ行って帰って来るつもりでした。ところが天気予報ではレンタルの予約が取れた20日は生憎の雨(結局外れた感じですが)。20日分は予約が一杯だったので、急遽19日に当日分のレンタルを狙って尾道へ向かう事にしました。

尾道のレンタサイクルは7:00受付開始なので、家を5時45分に出発(5時半の予定だったのに出れませんでした)。高速で尾道へ向かい、現地に着いたのは7時ちょうど。こんな朝早くは誰もいないだろうと思ったら、既にその時点で長蛇の列!子供用の当日用自転車は見る限り5~6台。ちょっと焦りましたが何とか子供のレンタサイクルは確保できました!ただ、並んでいる最中に既に当日分の自転車は無くなっていたので、当日分を狙うならもっと早くに並んでおく必要がありそうです。

レンタサイクルの受付の手際が悪かったり(;^ω^)サイコンのが反応しなかったりで、結局出発できたのは1時間後の8:00。向島へ渡る渡船乗り場へ向かいます。

しまなみ海道17.3.19①

こんな朝早くなのに、20人以上の自転車の人が船を待っています。前後の便もありますし他に2つ渡船もあるので、凄い数の人がしまなみ海道に集まるんですね。レンタルのママチャリからロードバイクまで、自転車の種類も乗る人の年齢も様々です。経済効果としてはすさまじいものがありますね。瀬戸大橋も今からでも歩道付ければとも思いますが、20km程では物足りませんね(;^ω^)。

まずは向島を走りだします。車道に自転車が通る事を示すブルーラインが引いてあるものの、街中は車の交通量も多いですし路肩も狭いので慎重に走ります。自転車は車道を走ってはいけないと思っている人もまだまだ多くて、反対車線の自転車から怒鳴り散らしながら走っている危ない人もいました(;´・ω・)。自分も車に乗りますし邪魔だと思う気持ちも分かりますが、ああいう人に絡まれたら面倒でしょうね。それはともかく、とりあえず翌日のレンタル予約をキャンセルする為、向島市民センターへ。

しまなみ海道17.3.19②

しまなみ海道ではいたる所にこうしたサイクルラックが置かれています。あまりロードバイクなど来ないであろう公共施設にも、こうして置いてあるのは良いですね。手続きが終了してからは、次の島である因島へ架かる因島大橋へと自転車を走らせます。因島大橋手前の展望スポットで写真を撮っていると、3人のローディーが来られました。そのうち1台は何とkogeのと同じカラーリングのルーベ!あちらの方も同じのは初めて見たと言われていたので、やっぱりこの色は人気無いのかな~(/ω\)。

しまなみ海道17.3.19②

ここから因島大橋はすぐそこ。橋へと登る坂は平均3%の勾配とは言え、ママチャリでは大変そうです。原付も通りますし、はみ出して走ってくる自転車もいるので注意が必要です。錆びて変速の調子も悪い自転車の子供は「激坂だ~」と言いながら登っていましたが、何とか橋まで登り切りました。

しまなみ海道17.3.19③

しまなみ海道17.3.19④

因島大橋だけは車道の下を通るようになっているので、金網に囲まれて走ります。それでも海岸沿いはグリーンに見える綺麗な瀬戸内海を走るのはいい感じ。歩きだと橋が揺れているのもよく分かり、高所協恐怖症のkogeは進めなくなるのですが、乗り物に乗っていると平気なのはなんででしょう?乗り物に乗ると性格変わるってやつ?(違うかwww)。

今年の3月31日迄自転車の通行料金は無料となっているので、料金所で煩う事も無く進めます。この後は因島を走って大山神社へ向かうのですが、長くなってきたので次回へ続きます。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/1413-82e7a12f
該当の記事は見つかりませんでした。