kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常時の太陽光発電

今日はこの辺りは雨。比較的暖かい雨ですが、明日からはまた少し寒くなるとか。
三寒四温とはよく言ったものですが、早く暖かくなって欲しいですね。

さてkogeの住む岡山は『晴れの国』と自称するほど晴れの日が多いそうです。そのお蔭で
市内の小高い山の上に太陽光発電関係の実験設備が出来たりしています。

そんな太陽光発電、計画停電中の地域では昼間には大助かりだろうな?と思っていたのですが
思わぬ弱点?があるみたいで、こんな記事が出ていました。


「計画停電で使用できない」 太陽光発電、操作周知にメーカー躍起

2011.3.21 01:23

東日本大震災で広範囲な停電が発生し、太陽電池についての問い合わせが急増している
 東日本大震災で被災地の電力供給が途絶え、東京電力が計画停電を実施する中で、太陽光発電システムの存在感が高まっている。東北?関東を中心に、太陽光発電を設置した家庭から、「太陽光発電を付けているのに、停電時に使えない」との問い合わせがメーカーや設置・販売業者に殺到。停電時には特別な操作が必要だが、周知が不十分だったとして、メーカー各社は一斉に啓発に乗り出した。

 「屋根に設置している太陽電池が停電で動かなくなって宝の持ち腐れだ。どうしらいいのか」。大震災発生の翌12日以降、ある太陽光発電装置メーカーには、通常の約10倍近い電話問い合わせが相次いだ。

 家庭用の太陽光発電装置は、パワーコンディショナー(パワコン)という装置を使い、太陽電池で発電した直流電流を、家庭で使用できる交流電流に変換している。ただ、パワコンを動かすための電気は、通常、電力会社から送られる系統電力に依存しており、そのままでは日中発電していても、電気が使えない。

 使用するためには、家のブレーカーをオフにし、パワコンに付属したコンセントに直接、電化製品の電源コードを差し込む必要があるが、意外に知られていないのが実情だ。(以下略)
 


kogeも仕事で多少この辺りの事については関わることがあるのですが、こんな事は全く知りませんでした。
要は電力の変換機は太陽光発電で作った電力で動いていないんですね?びっくり。

出力を安定させるためとか色々理由はあるのかもしれませんが、元々電力系統を太陽光を使うように
しておいたほうが役に立つでしょうにね?。

環境のためも含めて太陽光発電を使われている方は、一度この辺りを確認されてはいかがでしょう?
太陽光導入を計画してみたものの、屋根面積が少なくて断念したkogeでした。

2011.3.21

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/183-0bc67d2c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。