kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非課税の理由は

いよいよ寒くなってきましたね。寒くなると師走を感じますが、最近の暖かさは師走を忘れさせますね。
年末年始は何かとお金の必要な時期、寂しい預金と財布を見比べて庶民が希望を託すのが宝くじですよね?

今年は結局一度も宝くじを買わないというkoge家にとってはかなり珍しい年でした。毎年多額の寄付をして
いるようなものでしたが・・・(汗)。その宝くじの当選金ってなぜか税金とられずに、全額もらえますよね。
特に理由を気にしたことはありませんでしたが、先日の記事でその理由を発見しました。

宝くじ当せん金 非課税の理由は購入代金の40%が税金だから
11月10日16時00分

提供:NEWSポストセブン

宝くじは、2億円当せんしたらそのまま2億円を受け取れるのが大きなメリットだ。

「そんなこと当たり前じゃないか」と思う人もいるだろうが競馬や競輪などの他のギャンブルは違う。これらで
得た配当金は「一時所得」といわれ、所得税と住民税がかかるのだ。例えば競馬で2億円当たった場合4500万円
程度を税金として納めなければならない。

 一方、宝くじの場合、当せん金はどんなに高額であっても非課税。これは「当せん金付証票法」に定められて
おり、宝くじの運営母体が自治体で、宝くじを購入した人はすでに購入代金の約40%を税金として納めている
ためだ。

 11月24日からは1等・前後賞合わせて3億円が当たる年末ジャンボの販売が始まる。「もし当たったら」の使い
道は1円単位まで決めても問題ないのだ。

※女性セブン2011年11月24日号



なるほど。やはりkogeは長年多額の寄付をして来たわけですね。愛煙家だけがボランティア精神あふれる人な
訳ではなく、宝くじを買う人も立派にお国の役に立っているわけです。という事でみなさんじゃんじゃん買って
一等が当たった暁にはkogeにポルシェのGT3でも買ってください(爆)。




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/457-213a6b63
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。