kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

ダイハツ コペン 生産終了

数日前の話ですが、ついにこんなニュースが正式発表されましたね。



ダイハツ コペン 生産終了…最後の特別仕様を発売

2012年4月2日(月) 15時03分

ダイハツは2日、軽自動車のオープンスポーツカー『コペン』を生産終了すると発表した。8月末で生産を終了するのに伴い最後の特別仕様車「10th アニバーサリーエディション」を4月2日より発売する。

コペンは、誰もが気軽に楽しめる本格的オープンスポーツカーとして2002年6月に発売、販売開始から約10年間となる現在までに、累計で5万6000台を超える販売台数を記録した。

今回発売する特別仕様車は、従来のアクティブトップをベースに、アルミスカッフプレートカバー(10thアニバーサリーロゴ、シリアルナンバー付)を特別装備。

またアルティメットエディションSに設定されているブラックメッキフロントグリルや本革製スポーツシート(ブラック×レッドステッチ)を採用するなどし、特別感、プレミアム感を高めている。

価格は5MTが182万円、4ATが180万円。


ダイハツ・コペン10thアニバーサリーエディション


ついにコペンの生産終了が発表されてしまいました。kogeも結婚してから買って去年まで大切にしていた
車なので思い出もあります。あの小さなボディに似合わず高速でもぐいぐい走り、紀伊半島をぐるっと
ドライブしてきたりもしました。颯真が産まれてからは2シーターという事もあり、全く走行距離が伸びなく
なってしまいましたので、昨年ビボップを買うときに泣く泣く手放しましたが、今でも将来的には買い戻して
みたいと思う車です。

軽規格で維持費も安くその辺りを走るだけで等身大に楽しい車でした。あの気軽に信号待ちでもオープンに
出来る感覚は素晴らしかったです。それだけにモデルチェンジを10年に一度でも行なって販売継続して貰い
たかったです。数少ない国産で魅力を感じる車でしたからね~。

これで将来的にはビート・カプチーノ等と共に高額中古車として残っていくでしょう。平成最後の名車??
と言っても過言で無いかも(過言か(-_-;))。プレミア価格で中古車が動いていくでしょうね。今店頭に
並んでいる車も値段が跳ね上がったりするのかな??

これで気軽に買える国産オープンはマツダのロードスター位になってしまいましたね。こちらはまだモデル
チェンジの噂もありますし、颯真の手が離れたら買ってみたい車です。あと30年は新車を販売して欲しい
ものです。

しかしパジェロミニといいコペンといい、特徴あるニッチな車は残らない時代になってしまいましたね。
これだと壊れて乗れなくならない限りは車買い換える気がしないよな~。若者に車の楽しさをとか言って
86とか出した親会社はどう考えているんでしょうね???

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/580-8860bfac
該当の記事は見つかりませんでした。