kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

モトイタリアーナ広島

昨日の続きです。尾道を10時半頃に出発したkoge達は、一路広島を目指します。目的は以前も書いた設計・
デザインがイギリス、製造が中国のMegelli250Rの実写を見る為です。やはり維持費を考えると気になる
250ccバイク、最近でこそ車種も増えてきましたが、リッターバイクに比べると寂しいラインナップです。

その中でこのメガリ250Rのデザインは雑誌で見る限りは素晴らしいと感じました。最近では笠岡の方にも
取り扱い店が出来たみたいですが、やはり広島の方が取り扱いも多そうだし、実車も置いてあるみたい。
ドカティ広島も併設のモトイタリアーナ(アプリリアの代理店の方ですね)へ着いたのは11時半頃です。

お昼前なのでちょっと気が引けたのですが、意を決してエレベーターで2階へ。そのショールームに入ると
ビモータが数台と、お目当てのメガり、そしてアプリリアや中古車が並べられていました。早速お目当ての
メガリを見るとなかなかいいかな?ただしかなり前傾しないといけないポジションのよう。各部仕上げは
やはり250ccなので軽い感じはしますが、値段や中国製という点ほどには安っぽい感じはしません。

ショールームには売約済のバイクしか無かったので、ポジションを試せはしませんでしたが、やはり身長が
178cmのkogeには窮屈そうかな?お店の方によると165cm前後の方が乗るとしっくりするそうです。他に店の
方がおっしゃったのは「20年前のドカティのようなものだと思ってください。今日納車の車両が初めて何も
調整せずに一発でエンジンがかかって、アイドリングも安定してたんですよ!」という感じみたい(~_~;)。

やはりこういう車両はちゃんとメンテや納車整備をしてくれるバイク屋さんでないと、購入は難しそうです。
その点このお店はその辺りしっかりしてくれそうな感じを受けました。その後お店の方は岡山から来たという
恐らく買わないであろうkoge達に熱心にビモータやアプリリアの説明もしてくれました。本国のビモータの
カタログもいただいちゃいました。

ビモータ本国カタログ

メガリ250Rカタログ

その後もショールームを眺めていると、気になるバイクを発見しました。DUCATIのGT1000のツートンです。

モトイタリアーナGT1000

出たばかりの時は正直あまりいい印象を持っていなかったこのバイクですが、今見ると何にでも使えそうな
アップライトなポジションがいい感じ。当時は狙いすぎじゃない?と思ったクラシカルデザインも違和感を
感じなくなりました。そしてこのツートン(ビコローレというらしいです)がまたいい感じです。

しかもこの車体、走行2500km程と極低走行車。スポークやミラーが錆びていた跡があるのが玉に瑕ですが、
クラッチレリーズもアエラ製・スライダーも付いて110万円という価格はかなり惹かれました。正直BMWには
無い艶っぽさというか華やかさというかがDUCATIにはあります。このバイクも各部の仕上げはやはりいい!

個人的にはBMWは道具としてのバイク、DUCATIは見た目でも所有欲を満たしてくれるバイクです。以前10年
乗ってもう尖ったバイクは・・・という感じでしたが、これならのんびりも乗れるかも??勿論以前持ってた
ので、アクセルを開けろ開けろと訴えるこのバイクでは免許が幾らあっても足りない気はしますが・・・。

ガレージに飾っていても絵になるバイクかな?とも思います。今のバイクを下取りに出して、もし追金が
要らなかったら買ってしまったかも!ninoも一目で気に入ったのでかなり危ないところでした(笑)。まあ
のんびり走れるバイクがいいと思って林道も走れるGS買ったんですから、これに戻ると何やってんだかと
なってしまいますけどね。もし岡山に実車があったら危ないところでした。

そんなこんなで13時前までお邪魔してしまいましたが、終始お店の方は親切で好感が持てました。いつも
初めてのお店で店員さんとフィーリングが合わずがっかりのkoge達ですが、こちらはゆっくり出来ました。
この後GT1000に後ろ髪を引かれつつ(笑)、ビボップを購入したルノー広島中央さんへと向かいます。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/694-5a306468
該当の記事は見つかりませんでした。