kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光パネルの思わぬ効果

毎日まだまだ暑いとは言え、やっと日陰にいれば耐えられる位の温度になってきました。ここ数日は
沖縄付近を通ってた台風の影響で風が強い事もあるでしょうが、明らかに気温が下がっていますね。
とはいえ気象台発表の気温は連日33C°とかですけど。いかに35℃越えが辛いかという事でしょうか。

さて先週の金曜日に屋根にパネルを載せたものの、売電してない我が家(泣)は電気工事が9月1日の
予定なので、まだ売電メリットは発生していな状態です。折角なので一日でも早く動かしたいですね。
少しでも早く元を取らないと(笑)。別に大儲けしなくてもいいですが、損はしたくないので(爆)。

ところで我が家の屋根はガルバリウム鋼板で出来ています。屋根の角度は一寸なのでたったの5°しか
角度がついていません。後でよく調べるとこの状態では理想である30°と比べると5%以上の損失が
出るみたいです。知っていたら架台の価格と差額を試算して、架台を付けることを検討したのに・・・。

でも冷静に考えるとやはり架台は付けなかったと思います。というのも我が家の屋根はこんな感じ。

koge's house 屋根12.7.12

適当な写真が施工中のしか見当たらなかったので・・・。先程も書いたように我が家の屋根勾配はたった
一寸勾配。何で単純な片流れではなくこんな仕上げにしてあるのかと言うと、外から見た時に、屋根が
見えないようにする為。koge達が極力シンプルな真四角な家を希望した為、このようになりました。

画像で屋根の周りにぐるりと回してある壁?によって、外から見ると白いキューブにしか見えません。

koge邸外観

この外観写真の2階部分、上から数十cmがこの立ち上がった壁の部分です。このお蔭で太陽光パネルを
載せた現在も、外観上何も違いはありません。折角載せたのに変わらないというのは残念な気もします
けど(笑)。これを架台を設置して太陽光パネルを載せると、多少外から見えてしまうかもしれません。

また、我が家の場合角度が付いていないお蔭で、北勾配の屋根にもパネルを載せることが出来ました。
普通なら北勾配に載せるのは極力避ける所ですが、角度が少ないので北側に載せてもメリットが出る
という判断です。という事で、次の画像のようにほぼ屋根全面をパネルが覆っています。

太陽光パネル12.8.24②

なのに架台つけて勾配を付けてしまうと、北側に角度がついて載せられなくなってしまいます。もし
2~3枚に分けて架台を載せると、絶対外から見えるし個人的にはカッコ悪いと思ってます。それと
最近の超大型台風が直撃したら、屋根ごと吹き飛ばされる恐れも出てしまいますからね~。

という事で、結果現在のような設置方法になっているのですが、載せてから明らかに変わった事が
出てきました。ここに至る迄前置きが長くなってしまいましたが、それは二階部分の室内温度です。
先程も述べたように、我が家は勾配が少ない為に屋根裏スペースがほとんど取れていません。

そのためなのか、二階部分は真夏はかなり暑いです。いくらタイマーでクーラーを動かしていても
タイマーが切れたとたんに目が覚めます。まあこれは太陽によって躯体が温まっている為に起きる
現象ですから、普通の四寸勾配でもどちらにしても暑いのかも。現にkogeの実家は四寸勾配の家
でしたが、2階のkogeほ部屋は暑かったですから。合掌造りとかなら夏も涼しいでしょうけどね。

そこで10年を目処に、屋根に遮熱塗料を塗ろうと思っていた位です。屋根に直にスチロール系の物を
貼り付けてやろうかと思ったり。それが太陽光パネルを設置して以降は、びっくりする程に明らかに
涼しくなりました!業者は3~4℃と言ってましたが、体感的にはそれ以上の効果が出ています。

今までは寝る前に窓を開けて、扇風機2台で熱い空気を室外に追い出していましたが、それも必要が
なくなりました。お昼時に2階に上がっても、1階と全く温度が変わらないと言ってもいい位です。
この点に関しては、ここまでの期待はしていなかったので、思わぬ効果に喜んでいます。

遮熱塗料がいくらするのかは知りませんが、その費用も考えれば減価償却期間が短くなるのはほぼ
確実です。その上寝る時にエアコンが作動する時間も短くなるので、電気代にもいい感じですよね。
夜中に目が覚めていたのがぐっすり寝れたら、身体にも悪いわけがありません。

惜しむらくは、工事が突然だったので、設置前と設置後のデータ比較を出来なかった事。一週間前に
言ってもらえれば、その間のデータが取れると思っていたので、この点はかなり残念な所でした。
ちなみにあるデータでは夏期で10℃程度、室温を下げる効果が確認されているそうです。

ちなみに冬季は逆に冷気を遮ってくれ、5℃程の上昇が確認されたそうです。個人的には冬は毛布や
布団で調整できるので、たとえ変わらなくても全く問題ありません。裸で寝ても対処できない昨今の
熱帯夜対策として、かなりありがたい効果でした。

もし今太陽光パネル設置を検討されていて、夏の暑さに悩まされている方がいらっしゃいましたら、
検討項目の一つに入れてもいいかもしれません。ただこの感想はkogeの個人的な感想ですし、屋根
形状やその他条件で変わる事もあると思うので、kogeの家の場合としてご理解くださいね。ちゃんと
データ取った訳でなく体感なので、プラシーボも含まれているかも・・・。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/731-dfc1735d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。