kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

移住先として人気らしいです。

今日もいい天気ですが、流石にちょっと暑くなってきましたね。晴れの国と呼ばれる所に住んでいますが
夏は蒸し暑くてしんどいです。瀬戸の夕凪と言われる夕方以降の無風状態が、夏はそれに拍車をかけます。
それでも天気が多いというのは、何となく嬉しくなりますよね。梅雨時は青空が恋しくなりますから。

さてそんな岡山、特に岡山市が最近移住先として人気だという話を雑誌などでもよく見ます。その根拠は

①原発が遠い(一番近い所でも200km離れている)
②巨大津波が起きにくい(津波を起こすには震源~陸地まである程度の距離が必要である為)
③そもそも県内に活断層が3つしかなく、岡山が震源となった巨大地震の記録もない
④岡山は政令指定都市であるため、雇用先が沢山ある。
⑤家賃・物価が安い(市内に3LDK駐車場付き6万円台の物件はすぐ見つかる)


等の理由だそうです。なるほど、ぱっと見るといい事ばかりに見えますね。ただ実際に移住してきた方の
話として、この間地元新聞にこんな記事が載っていました。

伊原木知事と移住者が意見交換 住居や職探しで課題指摘

移住者と知事が支援策の課題などを話し合った意見交換会

 岡山県外から県内への移住者と伊原木隆太知事の意見交換会が9日、岡山市内で開かれた。参加者の多くは、岡山での住居や職探しで課題があったと指摘。県に対して一層の支援充実を求める意見が寄せられた。

 参加したのは東京都と福島、埼玉、和歌山県から県内に移住した9人。大半はI、Jターンで、ゆかりのない中での住居確保の難しさを体験したという。

 2012年に岡山市へ移り住んだ男性(44)は「仕事が見つかっていない状態で民間賃貸住宅を当たったところ、『無職の人には貸せない』と断られ続けた」と話し、「移住者向けに公営住宅を短期間でも貸してほしい」と求めた。

 職探しに関しては、12年に高梁市へ移住してきた男性(43)が「地元の求人は福祉、土木関係がほとんど。希望の仕事が見つからない」と指摘した。

 今後求められる移住促進策については、空き家仲介制度の充実▽各市町村での移住者の孤立を防ぐ交流会開催▽きめ細かい生活情報の発信―といったアイデアが寄せられた。


先の①~③は、素人なので正しいのかどうかは分かりませんが、住んでいても同じ様な印象を持ちます。
ただ県東部でそこそこ大きな地震があったという話も聞きます。勿論この間の大震災のような規模では
無いですけど。

でも、④と⑤に関してはどうかな?と思います。特に④には疑問を持ちます。移住してくる方がよほど
特殊なスキルを持っていて引く手あまたと言うのならいいのでしょうが、そういった方は世の中的にも
少ないと思います。しかも政令指定都市と言っても70万人の特例で無理やりなった都市ですからね~。
郡部まで無理やり数合わせで合併していますから、広い割には人口少ないし雇用も言う程ないです。

そもそも地元に住んでいる人間でさえ職探しには苦労しますから、希望の仕事が無いという意見には
個人的には「ちょっと甘いんじゃ・・・」と思ってしまう所もあります。しかも高梁市というのは県の
中部のそこそこ田舎と言われる都市ですから。求人があるだけましという意見も周りではありました。

なので移住して来て貰えるのは地元を評価してもらえたようで非常に嬉しいのですが、もう少し綿密に
計画を立ててきて欲しいです。せっかく来て貰ったのに、結局岡山に悪いイメージだけを持って地元に
戻られてしまうようでは悲しいですからね。

極端な話をすれば岡山から神戸や大阪・広島までは新幹線を使えば一時間で通勤できる範囲です。四国
高松も電車で一時間圏内です。その辺りも含めて貰えば益々魅力的に・・・というのは無理がありますね。
車やバイクを持つにも駐車場代は安いですし、少し走れば走り易い農道も沢山あります。西日本有数の
岡山国際サーキットもあるし、買い物も来年11月に岡山駅前には西日本最大のイオンも完成します。

排他的でずる賢い等と言われる岡山県民ですが、一度親しくなると大丈夫なはず( ̄▽ ̄;)。もし将来
田舎暮らしや移住を考える時には、ご相談ください(爆)。思ったよりもいい所ですよ。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kogegarage.blog120.fc2.com/tb.php/944-dd68cc14
該当の記事は見つかりませんでした。