kogeのガレージハウス生活日記

バイクの置き場が欲しくてガレージハウスを建てたkoge家。その生活をだらだら書いてます。前ブログは「kogeのガレージハウス建築日記」です。

近所でヒルクライム 17.3.26

この間の日曜日、前日まで天気予報は雨だったのに起きてみると快晴の天気。午後からは予定があったので、午前中だけ自転車。ペースが遅いのkogeですから大した距離を走れる時間も無いので、昨年の11月に途中まで登った近所の山を上まで行ってみる事にしました。

ルートラボで見ると約6.5kmで450m位?登るようですが、しんどさがイマイチ分かりません(;^ω^)。同じ道を戻ってくるのは嫌なので、反対に抜けて帰ってくる30km程のコース。平地なら一時間半あれば帰って来れるでしょうが、果たしてどれくらいかかるやら・・・。

コース17.3.27

山の麓までは約5km。ほぼ平坦なのでスイスイです(^O^)。しかし登りが始まると、もう歩いたほうが早いんじゃね?状態(/ω\)。途中までは登れたんでのんびりなら楽に行けるかと勘違いしてました。登りだしてしばらくはギアを残しておこうと頑張ったんですが、すぐにギアが無くなっちゃいましたしサイコンに目をやると時速4kmとか、もう歩いた方が早いね~きっと(;゚Д゚)。

前回登った所にたどり着いた頃にはゼーハー息を切らせて、美術館見学の人に不審者と思われたかも( ̄▽ ̄;)。

招き猫美術館16.11.3

ここからはまだ半分ほど距離があるし更にキツイ坂があるイメージだったのですが、思った程では無く相変わらずゼーハー言いながらですが何とか登り切れました。昔はここに休暇村があって、小学校の遠足で来た覚えがあります。途中の登りでS-worksに乗ったローディーに爽やかに抜かれ、一瞬で見えなくなったのは気のせいだな、きっと(笑)。

ヒルクライム17.3.27①

この写真を撮った場所から少しだけ登りで、あとはダウンヒル三昧です。気を抜いたらあっという間に止まれない位のスピードが出そうなので、気を付けて下っていきます。この下りは車やバイクで走った事は何度もあるのですが、自転車の方が単純で楽しいです。車やバイクと違って、基本ブレーキしか使わないので操作が単純化してるからでしょうか?

ヒルクライム17.3.27②

少し空気は冷たいですが、天気はばっちり。この写真だと小さくて見えないですが、空港も見下ろせます。

ヒルクライム17.3.27③

下り切る直前にある、免許試験場にも寄ってみました。書き換えが終わったタイミングなのか、沢山の車が出て行ってました。自転車でこんな所にいると、やっぱり変な人扱いでしょうね~(^_^;)。

結局走行距離は32.19km、走行時間1:51:18、平均速度は17.3kmでした。今のところは早く登れるようになろう!とはあまり思っていなくて、楽に登ったり長距離走れたり出来るといいな~と思っています。でも時間が無い時は同じ時間平地を走るよりも、こうやって坂に上った方がトレーニングになるかな?

そう言えば下っている時にブレーキが何か変な音がしてたんだけど、帰宅してチェックしたらリムにもシューにも何も付いてなかったんですよね~。走っている最中に落ちたのかな?今度の休みも何処かの下りでブレーキかけて確認してみようっと。

懸賞出してみた

宝くじを当てたいな~と常々思っているkogeです。まあ買ってないから絶対当たりませんが(爆)。

くじ運は良くないkogeなのですが、web関係の応募なら出すこともあります。手軽な分倍率高そうですよね。
欲しい物がはがきを出したりとアナログな場合は、相方ninoにイラスト入りでお願いしたりします。彼女は
字もきれいだし絵も得意なんです。

さて今回応募したのはこちら。

懸賞応募 2017.3①

最近買うようになった自転車雑誌に載っていた、一名様にしか当たらないサイクルスタンドです。この間
ビアンキが増えリビングに置くようになって、スタンドを取られて自転車整備しようにも無くて困ってました。
安いスタンドなら買ってもしれてますが、もしこれ当たればラッキーじゃね?みたいな感じです。

締め切りまでに出しましたが、応募した事さえすっかり忘れて過ごしていた今月のある日、クロネコさんが
何か配達してくれました。自転車関係で買った何かかな?と箱を開けると・・・

懸賞応募 2017.3②

おや!?

懸賞応募 2017.3③

何とまさかの当選です!!早速占領されていたスタンドと交換です。

懸賞応募 2017.3④

うーん、前下がりでカッコ悪い??でも応募要項によると定価は一万円位するものらしいので、大満足です(*'ω'*)。
ただkogeのルーベに使おうと思ったら、BB周りが太くて入りませんでした。詳しくは分かりませんがBB30みたいな
フレームの中に入るタイプの自転車には使えないのかな?とりあえず使えて良かったです。もし外れてたら折角
当ててくれた編集部の方にも申し訳ないですからね。

これで我が家のリビングの自転車置き場も少しオシャレになったでしょうか?オレンジ色の塗料の質が悪いのか
ポロポロ欠けていくのは玉にキズですが、懸賞にめったに当たらないのでうれしい限りです。この調子で宝くじ
買ったら当たらないかな( ̄▽ ̄;)。

しまなみ海道計画⑥ 現地でリハーサル?vol.2

因島に渡ってからも淡々と走ります。橋を降りてすぐは結構な下り坂。楽でいいけど帰りはこれを登って更に橋への登りか~(;^ω^)。向島と同じく因島もそれなりに町なので、車の交通量がそれなりにある部分もあります。でも住んでいる方は自転車にやさしく、露骨な幅寄せや妨害・追い抜きを車にされる事は少なかったです。

途中ブルーラインが外周ルートとサイクリングルートに分かれていました。距離が分からないのでサイクリングルートを選択すると、ここも結構な坂でレンタルのママチャリ等の女性は、押して上がっている方も沢山いました。それでも子供は足を着かずに登っていたので、お尻も痛くないみたいだし体重が軽いというのは武器ですね(^O^)。

この日は最高気温が18℃になろうかという予報でしたが、海沿いを走っているせいか冬用のサイクルパンツやジャージでも、そんなに暑さを感じませんでした。そんないい天気の中を走り、生口島橋に辿り着きます。

しまなみ海道17.3.19⑤

目指すはもう少し先なので橋を渡らずにまだ走り、ついに本日の目的地の大山神社に到着!自転車で境内に上がれますが、ここも距離は短いですが結構な坂なので注意です。

しまなみ海道17.3.19⑥

境内にはサイクルラックがたくさん置いてあり、しかも自転車に傷が付かないように表面に保護をしてくれています。また無料の熱いお茶やおしぼり等の気配りも嬉しいですね(^O^)。ここで自転車用のお守りを買うというのを今日の目的に設定していたので、いくつか種類があるお守りを選びます。結局今回買ったのはこの2種類でした。

しまなみ海道17.3.19⑦

しまなみ海道17.3.19⑨

しまなみ海道17.3.19⑧

一つ目のお守りは3cmくらいの小さい物で、画像のようにヘルメットに両面テープで張り付けます。2つ目のお守りはハンドルの部分に巻いて取り付ける物でこれが一番人気のお守りだそうです。我が家はヘルメットお守りを人数分と、ハンドル取り付けの物は子供の分だけ購入しました。

それから子供はおみくじを引きたいという事で・・・

しまなみ海道17.3.19⑩

デカい(笑)。結果は大吉でしたが、引いた人皆大吉だったような・・・(;´・ω・)。大吉率が多いおみくじなんですね。他にも自転車でくぐる鳥居など、自転車に特化した神社でした。神社の人がかなりくだけた感じの対応をされていたので、神社と言うよりはお店のような雰囲気もありますが、自転車でしまなみ海道へ行くならやはり行ってみたくなりますよね。この先にある大山砥神社がおおもといので、ゴールデンウィークはそっちにも寄ってみようかな。

一通り終わってから帰路につきましたが、せっかくここまで来たので生口橋も渡ってみました。ここからは自転車道は高速と並走するようになっていて、取り囲まれる金網も無いので開放感があります。

しまなみ海道17.3.19⑪

時間的にはもう少し先まで行けますが、これ以上走ると子供が帰りに自転車漕げなくなりそうなので、橋を渡ってすぐにUターンしました。因島側の橋へのアプローチの道には桜と菜の花が咲いていました。もうすっかり春ですね。

しまなみ海道17.3.19⑫

生地橋を降りた場所にお店があったので、ここでお昼ご飯にします。ロケーションは抜群です。

しまなみ海道17.3.19⑬

しまなみ海道17.3.19⑭

しまなみ海道17.3.19⑮

お店にはテラスもあって、暖かい日は気持ちいいです。今回はカレーとランチを注文しました。味はまあ普通?ですがサイクルオアシスに加盟していて、何も注文しなくてもボトルへの給水や空気入れを貸してくれたりするサービスは助かりますね。店内にはkogeもしまなみの勉強に買った本や島走マップ・グッズ等置いてありました。コーヒーにはこだわっているようだったので、飲んでみれば良かったかな。はっさくゼリーは果実がごろっと入っていてなかなかでした。

あとは来た道を帰るだけなので休憩を多めに取ってポタポタ。自販機もしまなみ仕様で、ここで買うとしまなみ海道の維持管理?に活用されるようです。愛媛に行けばみきゃんの自販機あるんでしょうね~(*^▽^*)。

しまなみ海道17.3.19⑯

しまなみ海道17.3.19⑰

ろんぐらいだぁす!にも出ていたはっさく屋に行こうと思ったら売り切れだったり(登る前に降りてきた方に教えて貰えて助かりました)その先の因島大橋への坂はやはりしんどかったりでしたが、15時頃には向島の渡船乗り場の近くまで戻って来れました。最後にマツコの番組でも紹介されていた、飲み物屋さんで今回のポタリングの予定はすべて回り切りました。

しまなみ海道17.3.19⑱

しまなみ海道17.3.19⑲

しまなみ海道17.3.19⑳

渡船で尾道へ渡って、自転車を返却してポタリング終了です。結局走行時間4時間弱、走行距離60kmと子供は自己記録更新です。これなら実はしまなみ海道走破できたんじゃない??GWは今治でしか自転車借りれなかったので、いつか尾道側で自転車借りて今治まで走れたらいいな~。

しまなみ海道計画⑥ 現地でリハーサル?vol.1

春分の日を迎えて、やっと本格的に暖かくなってきた感じがしますね。もうじき桜の便りも聞こえてきそうです。

そんな暖かい中、我が家は昨日ついにしまなみ海道へ行ってきました。とは言っても日帰りの予定なので、走破という訳にはいきません。当初立てた計画としては向島の市民センターで子供の自転車をレンタル(尾道と違いここは駐車場代無料です)。自転車お守りで有名な大山神社へ行って帰って来るつもりでした。ところが天気予報ではレンタルの予約が取れた20日は生憎の雨(結局外れた感じですが)。20日分は予約が一杯だったので、急遽19日に当日分のレンタルを狙って尾道へ向かう事にしました。

尾道のレンタサイクルは7:00受付開始なので、家を5時45分に出発(5時半の予定だったのに出れませんでした)。高速で尾道へ向かい、現地に着いたのは7時ちょうど。こんな朝早くは誰もいないだろうと思ったら、既にその時点で長蛇の列!子供用の当日用自転車は見る限り5~6台。ちょっと焦りましたが何とか子供のレンタサイクルは確保できました!ただ、並んでいる最中に既に当日分の自転車は無くなっていたので、当日分を狙うならもっと早くに並んでおく必要がありそうです。

レンタサイクルの受付の手際が悪かったり(;^ω^)サイコンのが反応しなかったりで、結局出発できたのは1時間後の8:00。向島へ渡る渡船乗り場へ向かいます。

しまなみ海道17.3.19①

こんな朝早くなのに、20人以上の自転車の人が船を待っています。前後の便もありますし他に2つ渡船もあるので、凄い数の人がしまなみ海道に集まるんですね。レンタルのママチャリからロードバイクまで、自転車の種類も乗る人の年齢も様々です。経済効果としてはすさまじいものがありますね。瀬戸大橋も今からでも歩道付ければとも思いますが、20km程では物足りませんね(;^ω^)。

まずは向島を走りだします。車道に自転車が通る事を示すブルーラインが引いてあるものの、街中は車の交通量も多いですし路肩も狭いので慎重に走ります。自転車は車道を走ってはいけないと思っている人もまだまだ多くて、反対車線の自転車から怒鳴り散らしながら走っている危ない人もいました(;´・ω・)。自分も車に乗りますし邪魔だと思う気持ちも分かりますが、ああいう人に絡まれたら面倒でしょうね。それはともかく、とりあえず翌日のレンタル予約をキャンセルする為、向島市民センターへ。

しまなみ海道17.3.19②

しまなみ海道ではいたる所にこうしたサイクルラックが置かれています。あまりロードバイクなど来ないであろう公共施設にも、こうして置いてあるのは良いですね。手続きが終了してからは、次の島である因島へ架かる因島大橋へと自転車を走らせます。因島大橋手前の展望スポットで写真を撮っていると、3人のローディーが来られました。そのうち1台は何とkogeのと同じカラーリングのルーベ!あちらの方も同じのは初めて見たと言われていたので、やっぱりこの色は人気無いのかな~(/ω\)。

しまなみ海道17.3.19②

ここから因島大橋はすぐそこ。橋へと登る坂は平均3%の勾配とは言え、ママチャリでは大変そうです。原付も通りますし、はみ出して走ってくる自転車もいるので注意が必要です。錆びて変速の調子も悪い自転車の子供は「激坂だ~」と言いながら登っていましたが、何とか橋まで登り切りました。

しまなみ海道17.3.19③

しまなみ海道17.3.19④

因島大橋だけは車道の下を通るようになっているので、金網に囲まれて走ります。それでも海岸沿いはグリーンに見える綺麗な瀬戸内海を走るのはいい感じ。歩きだと橋が揺れているのもよく分かり、高所協恐怖症のkogeは進めなくなるのですが、乗り物に乗っていると平気なのはなんででしょう?乗り物に乗ると性格変わるってやつ?(違うかwww)。

今年の3月31日迄自転車の通行料金は無料となっているので、料金所で煩う事も無く進めます。この後は因島を走って大山神社へ向かうのですが、長くなってきたので次回へ続きます。

しまなみ海道計画⑤ お試し遠出②&お試し車載輪行

この間の日曜日は備前市~和気町~赤磐市~美咲町を通っている「片鉄ロマン街道」というサイクリングロードへ家族でお出かけしてきました。廃線になった片上鉄道の線路跡を整備してあるので、勾配も比較的緩く初心者でも走れるというのがうたい文句のサイクリングロードです。

起点から終点までは34kmあり往復すると70km弱の距離ですが、さすがにその全部を子供とロードバイクを買ったばかりのninoに走れというのは無理があります。今回は途中の和気鵜飼谷温泉の傍にある「和気鵜飼谷交通公園」まで車で行き、そこで子供の自転車をレンタル。そこから川上へ15km程の吉井おおまち公園でUターンして帰って来る予定でです。帰ってきた後は勿論温泉に入って帰りますよ~(^O^)。

お昼ご飯のあと家を出発。14時頃に現地に到着です。今回はビボップに輪行するのは初めてなので、積載方法も試行錯誤。前に積んだ時は一台はクロスバイクだったので、ロード2台は少し悩みました。ラチェット付のタイダウンベルトも買っていたものの、ビボップに積むならラチェットついてない方が固定し易かったので、あまり意味は無かったかも・・・。これは往路の積載状況ですが、フレームに結ぶ位置はもっと上の方が安定していました。帰りはもっと上でベルト固定しましが、3人乗車と自転車2台で積載容量的に結構ギリギリ。旅行の荷物とかどうしましょう??

ゆるポタ 17.3.12①

ゆるポタ 17.3.12②

ちなみに交通公園での自転車のレンタル料は300円。サビサビで整備もしてないような感じもしましたが安いのでしょうがないのかな~(;^ω^)。ただ17時迄営業の筈なのに、遅くとも16時半には返してと言われたのはちょっと残念( ̄▽ ̄;)。16時半までだとあまりのんびりもしていられないので用意が出来たら出発です。子どもは弱虫ペダル気分でスタートダッシュ!ペース配分しろと言うのも無理な話かもですが、そんなペースで果たして無事帰ってこれるのか心配です。

このサイクリングロードは初めて走るのですが、道幅も広く歩行者もほとんどいないので快適に走れます。吉備路自転車道は散歩やランニングの人も多くロードバイクは殆んどいないのですが、ここはロードバイクの人も沢山いるのでそのあたりは皆さんよくご存じなんですね。すぐそばを国道が走っていますが、元々線路だったので高低差があるところが多く、今回走った区間では車は苦になりませんでした。高低差のお陰もあり景色もなかなかです。

ゆるポタ 17.3.12③

ゆるポタ 17.3.12⑥

サイクリングロードの路面にはところどころにこんなペイントがあります。

ゆるポタ 17.3.12⑦

最近岡山県は県内8つ(7つだったかな?)のサイクリングロードを指定して、このような路面標示などの整備を行っているようです。まだ標識等の整備完了には時間が必要なようですが、中途半端に終わらせる事無く頑張ってほしいです。どうせならランニングロードももっと整備してほしいな~と個人的には思います(笑)。

そうそう、このサイクリングロードは元々線路だったという事もあり、昔使われていた駅舎?を使った休憩所なども整備されています。トンネルも補修してそのまま使っている感じでした。

ゆるポタ 17.3.12④

ゆるポタ 17.3.12⑤

ゆるポタ 17.3.12⑧

今回は全体の半分弱しか走れていないのですが、全部通して走ったらもっと見どころがあるのかもしれませんね。湯郷温泉やB級グルメのホルモンうどんで有名な津山、日生のカキオコ・備前焼で有名な伊部なども絡めれば、一泊しても面白いサイクリングが出来るような気もしますね。NPOでも立ち上げて行政巻き込んで、晴れの国サイクリング会社でも作ろうかしら(爆)。

今回のサイクリングの結果は、

走行距離 30.87km
走行時間 1:52:44
平均速度 16.4km

以上の結果となりました。子供的にはしんどかったようですが、過去最高の距離を走り切れてご満悦のようでした。懸念していた車載輪行も今のところ問題無かったので、今週末のしまなみ海道お試しも大丈夫な筈?

自転車を返却してから閉園まで少し時間があったので交通公園で1周200円の電動ゴーカートを走らせ、ここでもまた子供はご満悦。津山の交通公園は2周させてくれるので、そのイメージを持っているとちょっと物足りませんが、我が家からだとこちらの方が近いので、またリピートもあるかもしれません。今回が自分でゴーカートを運転するのは初めてだったうちの子供は、アクセル踏んだ瞬間ビビッてしまい運転変わって(+o+)とヘタレていたのはここだけの話です(;^_^A。

このカテゴリーに該当する記事はありません。